fc2ブログ

残雪期蝶ヶ岳(2011.5.3-5)

表紙

白く輝く穂高、この景色が見たくて一月に厳冬期の蝶ヶ岳に挑みましたが、悪天候と力不足で残念ながら途中敗退となってしまいました。

常陸野ハイキング倶楽部のBAKUさんから、「蝶ヶ岳、リベンジしてみない?」と声を掛けていただき、もう一度残雪の蝶ヶ岳に挑んできました。



厳冬期蝶ヶ岳の記録は こちら


一月は徳澤園の冬季小屋利用でしたが、今回はテントを担いで徳澤園のテン場をBCとしました。


前日の23:30に集合場所のつくば市役所谷田部庁舎で、BAKUさんにピックアップしてもらい、真岡ICから高速に乗り、北関東道・東北道・北関東道・関越道・上信越道・長野道を経由して一路松本ICを目指します。
若干遠回りになりますが、中央道の渋滞を回避できること、そして何よりも『高速1000円』のメリットを十二分に享受できるので助かります。



一日目:上高地BT→徳澤園テン場




2011.5.3(祝)

<同行者> BAKUさん、豆板醤さん、Hiroyaさん、チャコさん

<行程>  上高地BT(6:22)→明神(7:30-7:41)→徳澤園テン場(8:50)  *途中休憩含む


夜通しの運転で4:30に沢渡駐車場に到着、仮眠をする間もなく急いで朝食を摂り、身支度を整えます。

一応持参したワカンは置いていくことにしました。

前夜から車中泊していたHiroyaさんも合流し、タクシーで上高地に向かいます。

運転手さんによると、先日の涸沢や白馬大雪渓の雪崩事故の影響か登山者の出足は鈍いとのこと、沢渡の駐車場もまだまだ余裕がありました。

さわやか信州号で来た豆板醤さんと上高地BTでおち合い、これで全員集合となりました。

アイゼン、ピッケル等のギア類も含めて、ドラ吉の背負う荷物は22キロ、久し振りの重荷です。

と言っても、今日の行程は徳澤までのわずかな距離、のんびり行くことにします。

未だ朝が早く河童橋も観光客はまばら、一月に来たときと同様、穂高が美しく輝いていました。



上高地BT  岳沢


遊歩道の雪もところどころ残っており、ぬかるみを除けて歩きます。

例年ならそろそろ咲き始めるニリンソウも、今年は全く見ることが出来ませんでした。


雪の残る道


一月に見た明神岳の氷柱もなくなっていました。


明神岳


明神を過ぎ、河原の奥に大天井が見えると徳澤までもう直ぐです。

一月の河原歩きの楽しい光景が思い出されます。


河原の雪も融けて


2:30かけて、ゆっくり徳澤園のテン場に到着しました。

今日の行程はこれで終了、テントを設営して早速ビールで乾杯、あとは昼寝モードに突入です。


徳澤のテン場1

徳澤のテン場2


気持ちの良い昼寝から目覚めると、猿の親子が挨拶に来てくれました。


テン場の猿1  テン場の猿2


15:00には早夕飯、各自が勝手に持ち寄った材料で作った『闇鍋もどき」に舌鼓を打ち、締めは棒ラーメンで満腹です。

途中パラパラ小雨が降って来ましたが、程なくして止み、明日は好天が期待できそうです。






二日目:徳澤園テン場⇔長塀山⇔蝶ヶ岳


2011.5.4(祝)

<行程> テン場(5:00)→長塀山(9:30-9:40)→蝶ヶ岳(10:43-10:55)→長塀山(11:40-12:00)→テン場(14:54)   *途中休憩を含む


<ルート図>

ルート図


3シーズンの寝袋にシュラフカバーをかけ、ダウンを着込んで寝ましたが、すこし寒く感じました。

ドラ吉のProTrekの温度計の表示はテント内で2.8℃でした。

3:30起床、各自で朝食を済ませ、5:00行動開始です。

一月には雪に埋もれていた道標も、今はしっかりその役目を果たしています。


一月の道標


蝶ヶ岳道標


小屋の裏から直ぐに登山道は始まります。  いきなりかなりの急登です。

♪ ヒンカララ~ ホーホケキョ ヒンカララ~ ホーホケキョ ♪

早速、コマドリとウグイスのお出迎えです。


登山口


木の根に足を引っ掛けないよう、注意して進みます。


登山道


1655m地点でアイゼンを装着しました。 結局この日はここに再び戻るまでアイゼンは着けっぱなしでした。


アイゼンをつけて


展望のない樹林帯の中、先導するBAKUさんの安定したペースに助けられ、上下二段の急登を何とか乗り切ります。

朝早いせいもあり、雪はしっかり締まり、アイゼンが効いて歩きやすかったです。

2200m地点位から傾斜も緩み始め、明るい尾根歩きとなりました。 長塀山を前にして大休止です。


休憩


歩き始めて4:30、やっと長塀山の山頂に到着しました。

針葉樹越しに穂高の山並みが覗いています。 風もそんなに強くありません。

今回は何とか蝶ヶ岳の山頂に立てそうです。


長塀山山頂から


妖精の池(当然未だ雪の下)を過ぎ、2630m地点で視界が一気に拡がり、夢にまで見た白く輝く槍穂が姿を現しました。


白く輝く穂高


槍と大キレット


視線の先には常念と大天井も頭の先を覗かせています。


常念と大天井


振り返ると登ってきた長塀尾根と遠く乗鞍岳までの山並みが広がっています。最高の登山日和です。


長塀尾根を振り返る


穂高を背に得意満面のドラ吉です。


穂高を背に


山頂直下を行く我がパーティー。


山頂直下


10:43、待望の山頂に立つことが出来ました。 風も弱く最高のコンディションです。

絶景を堪能します。


山頂にて


蝶ヶ岳ヒュッテと常念岳
蝶ヶ岳ヒュッテと常念岳




槍沢を望む
槍沢と大キレット



涸沢を望む
穂高と涸沢


後ろ髪を引かれながら、来た道を戻ります。 気温も上がって雪が腐り、歩きにくくなっており、疲労も相まってテン場が遠く感じます。

平目筋をパンパンにしながらも、14:54全員トラブル無く無事テン場に帰還しました。

行動時間10:00の長旅でしたが、良く歩けたものです。 自分を褒めてあげたい気分になりました。

徳澤ロッジのお風呂で汗を流し、さっぱりしたところでビールで乾杯、最高の気分です。

夕飯はペペロンチーノ、ミートソース、たらこ、そしてスープマカロニとパスタづくしでお腹一杯です。

BAKUさんが重さを厭わず担ぎ上げてくれたオレンジが疲れを癒してくれました。

BAKUさん、リベンジの機会を作ってくださり、ありがとうございました。

仲間のみなさん、みなさんのお蔭で長い、長い尾根も楽しく登ることができました。 ありがとう!





三日目:徳澤園テン場→上高地BT


2011.5.5(祝)

<行程> 徳澤園テン場(6:35)→明神(7:29-7:39)→上高地BT(8:40)   *途中休憩を含む



最終日、明神岳のモルゲンロートを期待して早起きをしましたが、残念ながら焼けることはありませんでした。

それでも今日も天気は上々、最高の三日間となりそうです。


朝の明神岳


早朝からあちこちのテントで撤収が始まりました。

我々も6:35に撤収完了、上高地BTを目指して下山開始です。


早朝のテン場



明神と西穂
明神と西穂


ゆっくり歩いて二時間足らずで小梨平に到着、厳しい冬を耐え抜いた子猿が一心不乱に食餌をしてました。


小梨平の子猿


8:40、上高地BT到着。 素晴らしい仲間と天候に恵まれ、充実した三日間を過ごすことが出来ました。

帰路の梓川SAにて。 昨日登った蝶ヶ岳を目にして、今一度感激を反芻しました。


梓川SAから蝶・常念を望む
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れさまでした

ドラ吉さん
蝶ヶ岳でご一緒させて頂いたチャコです。
早速ブログ、拝見させて頂きました。つい昨日までの事ですが、写真やドラ吉さんのコメントを読みながら、そうだったそうだったと自分の記憶を振り返りながら楽しく読ませて頂きました。
また機会がありましたら、是非山にご一緒出来ると良いですね。
P.S.電車の中で話していた事ですが、もしかして、Kengaku-sanですか?

楽しかったね

chakoさん、お早うございます。 コメントいただき、有難うございます。
天気も良くて、本当に楽しい山行でしたね。 リハビリ上がりのドラ吉も、皆さんの元気に励まされ、何とかついて行くことが出来ました。 
また、ご一緒しましょうね。

P.S.  そうです K-sanです

楽しかったです

ドラ吉さん
蝶ヶ岳、ご一緒させていただき。ありがとうござました。
ちょっと辛かったですが、とても楽しかったです。
ブログを読ませていただき、楽しい記憶がよみがえってきました。
また、ご一緒できるのを楽しみにしています。

最高でしたね

Hiroyaさん、こんにちは。  コメント有難うございます。
長い尾根歩き、大変だったけど、天気も上々で槍穂の絶景も堪能できて、最高でしたね。
下山後、筋肉痛も出なくて、我ながら感心しています。
是非、またご一緒しましょうね。

♪楽しかったね

リベンジ良かったです・・・
穂高、槍の絶景素敵でした。
来年の残雪期はその槍を狙ってみましょうか。

ところで、降下時にドラちゃんはWストックでした。
急斜面降下はピッケルが基本です。
現場で勧めたんですが~~~~~
少なくとも、ストックはシングルがベターと思います。

滑落したときには止め様がありません。
現実には雪が腐っていて、さほど滑落の心配は無かったのですが。

来期の雪が待ち遠しいです・・・・・

槍?

BAKUさん、こんにちは。
先日はリベンジの機会を作っていただき、ありがとうございました。
雪山にはまだまだ経験不足なドラ吉ゆえ、今後ともご指導のほど、宜しくお願いします。

槍?・・・・尻込みしてしまいます。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR