fc2ブログ

残雪期尾瀬ヶ原(2011.4.29-30)

表紙


常陸野ハイキング倶楽部恒例の「残雪期尾瀬スノーハイキング」、昨年は大清水から入山して、尾瀬沼を目指しましたが、今年は鳩待から下って尾瀬ヶ原を彷徨って来ました。

BAKUさんのお友達で、尾瀬入山暦が軽く100回を越えている尾瀬エキスパートの「おっちゃん」さんにガイドをしていただき、この時期の「美味しいところ」を満喫して来ました。



一日目:鳩待峠→山ノ鼻→龍宮小屋→桧枝岐小屋

2011.4.29(祝)

<同行者> BAKUさん、おっちゃんさん、ムサシさん、キレンジャクさん

<行程>  鳩待峠(8:40)→山ノ鼻(10:18-10:45)→龍宮小屋(13:20-13:55)→桧枝岐小屋(14:45)

<ルート図>

残雪期尾瀬ヶ原ルート図



4:00に谷田部庁舎に集合、BAKUさんの車で戸倉を目指します。

従来、戸倉へは常磐道-外環-関越道か、下道で金精峠を越えて行っていましたが、今回は先月全通した北関東道-関越道を使ってみました。 

連休初日でしたが、全く渋滞も無く快適に戸倉に到着、おっちゃんさんと合流して8:10には鳩待峠の駐車場に車を停めることが出来ました。

鳩待峠休憩所  駐車場


最初はつぼ足で降下を始めます。


山ノ鼻に向けて降下開始

すぐに左手の樹林越しに至仏山が真っ白な姿を現しました。


至仏山が顔を出す


やがて道はトラバース気味に下り始め、足許が不安定になり、ワカンやシューを装着しました。

辺りには大きな古木が何本も立ち、尾瀬の自然の深さを再認識しました。


古木


傾斜が緩んでくると山ノ鼻もすぐです。 見上げると熊棚がいくつかあり、熊の生活圏に入ったことを知ります。


熊棚


川上川に架かる橋に到着しました。  雪解け水でかなりの水量です。


川上川を渡る



橋の上から


10:18、山ノ鼻に到着しました。 トイレ休憩を兼ねて小休止をとります。

先客も数人で夏の賑わいとは大違いです。


至仏山荘  山荘前から至仏山を望む


そうこうしている内に20名程の団体さんが到着したので、ベンチを譲っていよいよ「尾瀬ヶ原彷徨」がスタートしました。

行く手に燧ケ岳が大きく聳えています。


尾瀬ヶ原横断

途中で木道沿いのトレースを外れ、半島のようにせり出した牛首の根元を目指して、湿原上を直進します。

池塘も顔を出し始めています。


池塘

牛首の根元に到着、来し方を振り返ると、蛇行する上ノ大堀川を前景に白く輝く至仏山が大きく裾野を広げています。

雪に覆われたこの時期にしか立つことの出来ないビューポイントです。


上ノ大堀川越に至仏山を望む



上ノ大堀川越の至仏山


拠水林越しの燧ケ岳


上ノ大堀川越の燧ケ岳


三又に到着、標識も顔を出していました。 積雪は1メートル程でしょうか。


三又の標識



左手に最近人気の景鶴山が良く見えています。 山ノ鼻で会った団体さんも明日、景鶴山を登るとのことでした。


景鶴山


中央奥に白く輝いているのが、会津駒と中門岳です。


中央奥に会津駒・中門岳


尾瀬ヶ原No.1のビューポイント、下ノ大堀川の休憩ベンチに到着です。

もう1ヶ月もするとミズバショウに彩られ、沢山の観光客で賑わう場所です。

残念ながら今日は至仏山の山頂も雲に隠れてしまっています。


下ノ大堀川越の至仏山


間もなく龍宮小屋に到着です。 当初はここに宿泊する予定でしたが、大きなツアーの予約が入っていて、部屋を確保することが出来ませんでした。

小屋ではおっちゃんさんが懇意にしている小屋主さんのご厚意で、美味しいコーヒーをご馳走になりました。

 
龍宮小屋


龍宮小屋を後にして、見晴を目指します。 この間は本日唯一の上り区間(といっても標高差は15mほど)で、時間も余裕があるので、ゆっくり歩きます。


見晴を目指す


14:45、今宵の宿泊地、桧枝岐小屋に到着です。 行動時間約6時間のゆったりハイキングでした。

今日が小屋開けで、80名強の宿泊者数でした。


桧枝岐小屋


夕食は二回戦、品数が多くお盆に乗り切らないほどでした。

小屋主のひげくまさんから、小屋開けのご挨拶があり、全員にビールが一缶振舞われました。

ひげくまさん、ありがとうございました。 美味しかったですよ。


桧枝岐小屋夕食



寝具もふかふか、リネンも洗いたてで糊が利いていて気持ち良く、爆睡することができました。









二日目:桧枝岐小屋→龍宮小屋→山ノ鼻→鳩待峠

2011.4.30(土)


<行程>  桧枝岐小屋(7:00)→龍宮小屋(7:35-7:50)→山ノ鼻(10:06-10:36)→鳩待峠(12:43)



5:00起床。  雲が多く、期待していた朝焼けを見ることは出来ませんでした。

6:00朝食。  TKG(玉子かけご飯)でしっかり二杯いただきました。


桧枝岐小屋朝食




ヨッピ橋が架け替え工事中で通行止めになっており、東電小屋方面への寄り道は断念、往路を戻ります。


至仏山を目指して帰路に


日一日と雪解けが進み、木道の露出部分も増えています。


木道が顔を出す


池塘もそこかしこに顔を出し、雪原のアクセントになっています。


池塘越の至仏山


下ノ大堀川の手前から。 今朝は雲もとれ、美しい姿を収めることが出来ました。


下ノ大堀川手前から


山ノ鼻に帰着、楽しみにしていた「花豆ジェラート」未だやっていなく、残念。


テン場のテントは22張り、結構賑わっています。 皆、至仏山に登ったり、山スキーを楽しんでいるのでしょう。


山ノ鼻テン場



さあ、楽しかった尾瀬ヶ原彷徨もフィナーレ、鳩待への200メートルの登り返しです。

雪は締まっていてキックステップで楽に登ることが出来ました。

途中何ヶ所かトラバースがあり、慎重に行動します。

途中で昼食休憩をとり、12:43に鳩待峠に戻ることができました。

峠に着いた途端、雨が降り出しました。 天気も我々に味方してくれたようです。

骨折後はじめての山行でしたが、楽しく歩くことができ一安心です。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR