fc2ブログ

槍ヶ岳(2008.7.31-8.3)


2008.8.1-3槍ヶ岳 139

今年の目標の第一は3000m峰の頂に立つこと、その第一弾として槍ヶ岳に行ってきた。昨年から何回も見たNHK日本の名峰のビデオ、やはりオーソドックスに上高地から槍沢経由で登ろうか、或いは新穂高から右俣林道経由で登ろうか、散々迷ったが静かな山行を求めて後者のルートを選択した。ガソリン代の高騰で二人ならバスの方が安いので、今回は毎日アルペン号を利用して新穂高温泉に入る。

<過去記録>




                   
<同行者> ポチ

<行程>  
7月31日(金):新穂高BT(7:15)→穂高平避難小屋(8:32-43)→白出小屋(9:54-10:10)→チビ谷(11:23-52)→滝谷出合(12:23-34)→槍平小屋テン場(13:55)

8月1日(土) :テン場(5:15)→千丈分岐(7:00-05)→千丈乗越(7:37-47)→槍ヶ岳山荘(9:05-23)→山頂(9:44-10:08)→山荘(10:30-11:06)→飛騨乗越(11:21)→千丈分岐(12:41-12:50)→槍平小屋テン場(14:30)

8月2日(日) :テン場(7:30)→滝谷出合(8:14-22)→チビ谷(8:56)→白出小屋(9:50-10:01)→穂高平避難小屋(10:44-10:58)→新穂高BT(11:40)



7/31(木) 22:30竹橋発の毎日アルペン号で一路新穂高を 目指す。さすがに梅雨明け後最初の週末前で、結構混んでいる。中年男性3人組が24時を過ぎてもおしゃべりを止めず、困ったものだ。ほとんど眠ることが出来ないまま朝を迎えた。

8/1(金) 6:30新穂高バスターミナル到着、7:15身づくろいを整え、二泊三日の山行の始まりだ。今回は槍平のテン場をBCにするので、ドラ吉19キロ、ポチ14キロのザックを担ぎ上げる。

2008.8.1-3槍ヶ岳 004  2008.8.1-3槍ヶ岳 003


白出小屋まで右俣林道で標高差435mをゆっくり登る。タマガワホトトギス、タテヤマウツボグサ、ソバナ、センジュガンピ、沢山の花が目を楽しませてくれる。

2008.8.1-3槍ヶ岳 016  2008.8.1-3槍ヶ岳 013

2008.8.1-3槍ヶ岳 002  2008.8.1-3槍ヶ岳 005


9:55白出小屋に到着、ここで穂高岳山荘に向かう道を右に分け、いよいよ本格的な登山道となる。ブドウ谷、チビ谷を通過、よく踏まれたとても歩きやすい登山道だ。12:23滝谷出合、豪快な景色に感激する。

2008.8.1-3槍ヶ岳 022  2008.8.1-3槍ヶ岳 023

2008.8.1-3槍ヶ岳 034  2008.8.1-3槍ヶ岳 033

かつて滝谷を初登攀した藤木九三のレリーフ下の湧水で喉を潤す。目指す槍平まではもう一頑張りだ。

2008.8.1-3槍ヶ岳 035  2008.8.1-3槍ヶ岳 037
 
13:55槍平小屋到着、名物クマサンが迎えてくれる。テン場は小屋裏の川原、平らな砂地で心地よい。仰ぎ見ると滝谷ドームが聳えている。


2008.8.1-3槍ヶ岳 049  2008.8.1-3槍ヶ岳 051

2008.8.1-3槍ヶ岳 192  2008.8.1-3槍ヶ岳 047

小屋のオーナーさんに伺うと、晴天が続いているが毎日夕立があるとのこと、早夕飯を済ませる。幸いにして今日は夕立も無し、夜テントの外に出ると、夥しい数の星が瞬いている。すごい!天の川もくっきり、流れ星も見ることが出来た。こんな夜は何年ぶりだろう。


8/2(土) 4:00起床、今日も天気は良さそうだ。 小屋泊まりの団体さんが早くも動き出す。
5:15出発、いよいよ槍の穂先を目指す。今日のルートはBC→千丈分岐→千丈乗越→西鎌尾根→槍の肩→穂先→飛騨乗越→飛騨沢→千丈分岐→BC。
歩き始めてすぐにキヌガサソウの群落を発見、初めて見るクロユリも出てきて、早速に興奮状態です。

2008.8.1-3槍ヶ岳 057  2008.8.1-3槍ヶ岳 058

2008.8.1-3槍ヶ岳 055  2008.8.1-3槍ヶ岳 187
 
7:00千丈分岐、槍平小屋が設置する救急箱がある。500mlの水のペットボトルも入っているという。


千丈乗越に至る急登もハクサンイチゲ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ベニバナイチゴ、シャクナゲ等のお出迎えで、息も上がることなくあっという間に通過、7:37千丈乗越に着いた。裏銀座の山々の雄大な姿が目の前に広がり興奮の頂点です。遠くに白山も雲海に浮かんで見えます。

2008.8.1-3槍ヶ岳 076  2008.8.1-3槍ヶ岳 071

2008.8.1-3槍ヶ岳 073  2008.8.1-3槍ヶ岳 070

2008.8.1-3槍ヶ岳 085  2008.8.1-3槍ヶ岳 088

左右の展望を楽しみながら西鎌尾根を辿ります。ニセ槍も見えてきました。

2008.8.1-3槍ヶ岳 099

9:00ようやく槍の肩に到着、穂先は以外に小さく感じられました。

2008.8.1-3槍ヶ岳 103  2008.8.1-3槍ヶ岳 106

9:23穂先へのアタック開始、早朝の混雑も一段落し穂先には大して登山者も取付いてなく、快調なペースで山頂の祠に至ることが出来ました(9:44)。まさに360度、絶景です! 山を始めて丸2年、この日を待ち望んだ甲斐がありました。

2008.8.1-3槍ヶ岳 113  2008.8.1-3槍ヶ岳 115

2008.8.1-3槍ヶ岳 117  2008.8.1-3槍ヶ岳 120

2008.8.1-3槍ヶ岳 121  2008.8.1-3槍ヶ岳 123

2008.8.1-3槍ヶ岳 109  2008.8.1-3槍ヶ岳 110

30分もまったりして、後ろ髪を引かれながら下山、槍ヶ岳山荘で温かい菜の花うどんを頂き、飛騨沢を一気に下降しました。


2008.8.1-3槍ヶ岳 129  2008.8.1-3槍ヶ岳 139

2008.8.1-3槍ヶ岳 145  2008.8.1-3槍ヶ岳 146

2008.8.1-3槍ヶ岳 160  2008.8.1-3槍ヶ岳 170



花の写真を撮りながら、14:30無事槍平のテントに帰着しました。
ハイシーズンにも拘らず混雑をうまく回避することが出来、天候・お花畑・景色のすべてに恵まれ、最高の山行となりました。BCでのビール、ワインが美味しかったこと、夜も満天の星空で天の川や流れ星も見れたこと、本当に楽しい四日間でした。
感謝、感謝です。














 










    











  






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR