fc2ブログ

筑波山・湯袋道(2011.1.15)

男体山


当初予定の那須三本槍が中止になった週末、最近のドラ吉のマイブーム、「裏筑波」に行ってきました。

ポチの初登りを兼ねて行く計画でしたが、朝起きたらポチは風邪気味で断念、ドラ吉の単独行になりました。


ルート図



湯袋道ルート図



2011年1月15日(土)


<行程>

登山口(9:25)→キャンプ場(10:17-10:25)→女体山(11:05)→御幸ヶ原(11:15-11:30)→ユースホステル跡(11:47)→キャンプ場(12:08)→登山口(12:43)


羽鳥十字路の二つ先の交差点「田」を右折して石岡に向かう林道に入ります。

25000分の1地図の標高187m地点に登山口があります。 登山口の100m程手前に4台程の駐車スペースがあります。

今日は一台も停まっていませんでした。


駐車スペース  登山口

林道から渓流を渡って、登山道に入ります。

最初は渓流に沿って杉の植林帯をゆっくり高度を上げて行きます。


渓流沿いの登山道


この登山道は「関東ふれあいの道」の一部をなしています。


道標  関東ふれあいの道


渓流は水しぶきがしっかり凍っていました。


渓流も凍る


石畳の歩き易い登山道です。

石畳の道


杉の植林から檜の植林に植生が変わりました。


檜の植林

登山道もところどころ凍っていて、注意して進みます。


登山道も凍る

やがて植生は更に自然林に変わります。 段差が心地よい手入れの行き届いた道が続きます。

すれ違う登山者もなく、裏筑波は本当に静かで、気持ちが落ち着きます。

歩き易い道

スタートして50分程で林道に行き当たります。 右に進路を取り、筑波高原キャンプ場を目指します。

林道出合

キャンプ場には人っ子一人おらず、野鳥の声だけか聞こえてきます。



コテージ

立派なウッドデッキのサイト。  夏にキャンプをしてもいいかな。

木製デッキのテン場

キャンプ場の最上段から女体山への登山道が始まります。

落葉でふかふかの気持ちの良い登山道です。


落葉ふかふかの登山道

歩行時間1:40で女体山山頂に立つことが出来ました。

高曇りで、遠目はきききません。  ロープウェーが眼下に見えます。


女体山から

今日の楽しみは御幸ヶ原の茶店の「つくばうどん」

「つ」:筑波地鶏のつくね
「く」:くろ野菜(ごぼう・さといも・しいたけ)
「ば」:茨城県産ローズポークのバラ肉

が入った具だくさんのおうどんです。 うどんには霞ヶ浦特産のレンコンも練りこんであります。

とっても温まりました。


つくばうどん


下山はユースホステル跡に向けて下ります。


ユースへの道  ユースへの道2


一帯は茨城県内有数のカタクリの自生地になっています。

カタクリの説明



カタクリの自生地
カタクリの自生地


ユースホステル跡を通過、キャンプ場に戻る途中で女の川を渡ります。 女の川もしっかり凍っていました。


女の川も凍る


林道から登山口へ

今日の山行の余韻を楽しみながら、渓流沿いの道をゆっくり下ります。

朝には気付かなかった「小さな滑滝」もありました。

小さな滑滝

往きも帰りもすれ違う人もほとんどいない、静かな登山道。

裏筑波にすっかりはまってしまいました。

気持ちの良い植林帯







スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR