fc2ブログ

筑波山・男の川コース(2010.12.12)

表紙

今年も残り僅か、来週あたりからは年末の大掃除で、山行どころではありません!?

天気も上々ということで、近間の筑波山に行ってきました。

もちろん筑波山には幾度も登っていますが、いつも筑波山神社からの表筑波。

今回は初めて桜川市真壁町からの裏筑波です。

ルート図



筑波山地図



2010.12.12(日) 晴れ


<行程>


男の川橋登山口(7:50)→薬王院コース出合(8:28-8:33)→男体山(8:57)→御幸ヶ原(9:09-9:23)→女体山(9:37-9:45)→筑波高原キャンプ場(10:10-10:18)→男の川橋登山口(10:40)



ポチは一足早く大掃除、今日はドラ吉の単独行です。

今回の山行の目的は「裏筑波の偵察」と「下山後の蕎麦喰い」です。



6:20に自宅を出て、下道で真壁町を目指します。

つくばエクスプレスの研究学園駅駅前まで来ると正面に筑波山が大きく聳えています。



筑波山に向かう



真壁町に入ると、北西の方角に日光連山もくっきり見えて来ました。

先週降った雪のおかげで、やっと男体山にも見慣れた縦縞が出来ていました。奥白根も白い頭を覗かせています。



日光連山が見える



羽鳥の十字路を右折して登山口に向かう林道に入ります。 

7:30、登山口の男の川橋(405m)に到着しました。 8台程の駐車スペースがありますが、1台も停まっていませんでした。

ゆっくり身支度をして、7:50に登山をスタートしました。 北側斜面で陽が差さないので、ウィンドブレーカーを羽織っていきます。


男の川橋登山口  駐車場




男の川
  

男の川案内図  男の川の案内 (クリックすると大きくなります)


男の川の左岸を遡行します。 ドラ吉一人の静かな山行です。 瀬音が響きます。

川の流れは徐々に細くなり、小沢となって来ました。 夏ならきっと涼しい登山道なんでしょう。


男の川沿いに登る  沢を登る


沢は更に細くなり、やがて苔むした岩だらけの道になりました。 突然、水場「延命水」が現れました。


苔むした岩  延命水


延命水を過ぎると、登山道はややなだらかになり、右方向へトラバースして行きます。

茶褐色の風景に、唯一彩りを添えるミヤマシキミの赤い実が目立って来ました。

スタートして38分、薬王院コースとの出合(705m)に到着しました。 出合には大きな石が有ります。

しっかり汗をかいたので、服装調整を兼ねて小休止を取りました。


ミヤマシキミ  出合の石


出合からの登山道は整備の行き届いた歩き易い道です。 やがて自然研究路に突き当たり、反時計回りで男体山山頂を目指します。


薬王院コース  自然研究路


途中の見晴らし台から絶景を堪能します。 やや霞んでいましたが、富士山や浅間山、そして今話題のスカイツリーも見えました。


見晴らし台からの日光連山 
見晴らし台からの日光連山




見晴らし台からの霞ヶ浦 
見晴らし台からの霞ヶ浦




8:57、男体山山頂(871m)に到着しました。  男体山から見た女体山です。


男体山山頂  男体山から見た女体山

御幸ヶ原に降ります。  観光客が来るには早すぎる時間帯で、さすがの御幸ヶ原も静かでした。


御幸ヶ原



日光連山遠望  日光連山遠望 (クリックすると大きくなります)


しばしの休憩を取り、女体山に向かいます。 途中にあるガマ岩です、何度見てもガマそっくりですね。



ガマ石


9:37、女体山山頂(877m)に到着。 10名ほどの先客がいました。  男体山を振返ります。



女体山山頂  女体山から見た男体山



靴ひもを締め直し、筑波高原キャンプ場を目指して、下山を開始します。

落葉樹の気持ちの良い道で、落ち葉でふかふかです。



キャンプ場に降る


ふかふかの道


25分ほどでキャンプ場に到着しました。       キャンプ場


トイレ休憩を兼ねて小休止です。(入口のトイレは冬季閉鎖中、キャンプサイトのトイレは使用可)


キャンプ場からは男の川橋までなだらかな林道を下ります。


林道を戻る


途中、女体山を源とする女の川を渡ります。


女の川


女の川案内図  女の川の案内図 (クリックすると大きくなります)


林道を20分ほど下り、男の川橋登山口に帰り着きました。  僅か3時間足らずの山行でしたが、静かで趣があり、満足のいく山行となりました。

春先のカタクリやニリンソウの頃に再訪したいと思います。


さあ、今回のもう一つの目的の「蕎麦喰い」に向かいましょう。

林道をさらに下ると、右手に小さな小滝不動が現れ、そこを右折すると本日のお目当ての「来楽庵」があります。


来楽庵1


来楽庵2  盛蕎麦


歯ごたえのある美味しいお蕎麦でした。  もり蕎麦 500円、 満足、満足。


師走の温かい一日を楽しく過ごすことが出来ました。



山の神様、今日もありがとう。

























  






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR