fc2ブログ

剱岳(2008.8.30-9.1)

過去の主だった山行記録を整理して順次ブログに掲載します。
今回は剱岳です。

剱岳は本当に大きかったです。

山頂2
8/1-8/3の槍ヶ岳に続いて、今夏のメイン山行として8/29-9/1の日程で涸沢ベースの北穂→奥穂を計画していた。8/23の北八ヶ岳の頃から、前線が停滞し、各地でゲリラ雷雨の被害が続出し北ア南部も連日の雨で、計画の見直しを余儀なくされた。
そんな中、立山方面が天気回復の兆しを見せており、思い切って9月中旬に予定していた剱岳を前倒しすることにした。     
8/30夕方自宅を発って扇沢に向かう。途中埼玉県内は滝のような豪雨で、前途が思いやられた。小雨の中、扇沢に到着、車中泊で夜明けを待つ。ラジオでは柏に雨洪水警報が出たとのニュースが流れ、家のことが心配になる。雨滴が車の屋根をたたいている・・・・・。

午前4時、目が覚めると星が輝いている、やった~!晴れだ! ポチを起こし、ゆっくり出発の準備をする。さわやか信州号も到着し、扇沢駅も幾分か賑やかに なった。改札前のモニターに映し出された室堂平も晴れ、今日の剣山荘までの行程は楽しいものになりそうだ。7:30発の始発のトロリーバスで、室堂に向かう。 途中の黒部ダムでは観光放水が実施されていて、観光客が歓声を上げていた。

黒部ダム  室堂1

4月の残雪期にスノーシューで歩いた雷鳥荘までの道を確かめながら進む。ほとんどが観光客。雷鳥荘の三階テラス脇の窓に目がいく。4月はこの窓から出入りしたのだ。今更ながら当地の雪の深さに感心する。雷鳥平のテン場もこの時期ガラガラ、テン場から称名寺川の河原に下りて新室堂乗越への登山道に取り付く。ほとんどの登山者は雷鳥坂から別山乗越を目指す。4月にみんなで 今春の初トレースをつけたルートをどうしても歩きたかった。静かな登山道を進み、新室堂乗越に到着。真っ白だった大日に至る稜線は今は当然のことながら緑に染まっている。来て良かった!

雪の奥大日  室堂2
4月の雷鳥荘と奥大日
雷鳥沢  奥大日

高山植物を愛でながら別山乗越を目指す。チングルマが未だ花びらをつけている。ウサギギクもヨツバシオガマも今が盛りのように咲いている。やはり雪が他所より深いせいで夏の訪れが遅いのか。

お花畑2  お花畑4

お花畑3  お花畑1

剱御前小舎で休憩をとり、今夜の宿「剣山荘」を目指す。剱御前下のトラバース道を行くことにする。剱沢の奥に八ツ峰が顔を出した。剱の山頂は雲に隠れて見えない。念願だった剱岳がすぐそこにある! 思わず武者震いだ。
剣山荘が見えてきた、明日登る剱岳へのルートもはっきり確認できる。
 
剱沢  剣山荘遠景

剣山荘玄関  剣山荘夕食

14:30剣山荘に到着。雪崩で倒壊し建替えて2年目のシーズン、当然のことながら綺麗で設備も充実、早速温水シャワーで汗を流し、今日一日の思い出を肴にビールで喉を潤す。悪天続きの日曜日なので団体客も少なく、蚕棚28人部屋に11人とゆったり寝ることが出来る。寝具もミズノ社のブレスサーモで清潔で気持ちが良い。美味しい食事に舌鼓を打ち、18:45には眠りについた。
夜中、何度も目を覚ます。憧れの剱岳登頂を目前にして、やはり気持ちが高ぶっているのだろう。3:00に床を出る。外に出てみると立山方面はガスに覆われているが、鹿島槍の上空には星が輝いている。何とか晴れて欲しい、祈るような気持ちで、もう一度床についた。

4:00起床、かなりの人が早立ちするようだ。持ってきたパンで簡単に朝食を済ませ、表に出た。
5:00出発。鹿島槍が赤く焼けだした。一服剱への道をゆっくり進む、ヘッデンを点灯する必要もない。
後方の剱沢小屋からも剱岳を目指す登山者の姿が見える。

前剱1  朝焼け1

5:25一服剱到着、ちょうど鹿島槍と五竜岳の間から陽が登り始めていた。久しぶりのご来光に興奮する。

前剱3  朝焼け2

これから向かう前剱が大きく迫ってくる。一緒になった今回が二回目の剱だと言う若いカップルが「初めて来た時にはあれが剱岳だと思った」と言っていたが、思わず頷いてしまった。一服剱を降りきったところで、今回の山行で初めてトリカブトを見つけた。やはりこの時期の山の主役の一人だ。昨日、別山乗越から剣山荘への道でポチが膝が痛いと言い出し、心配だったが、一晩たってどうやら収まったらしい。今日一日何とかもって欲しい。

前剱4  トリカブト

ザレた登山道に注意をしながら前剱の頂を目指す。天気は良好、気分は最高。振返れば別山、剱御前が朝日に輝き、富山湾も見える。

別山  前剱山頂1

大岩の左を巻いて、岩稜を登り、前剱山頂に立つ。(6:30)金属製の山頂標識がまぶしく輝いている。別山の奥に立山三山が頭を出した。遠く富士・南アルプス・八ヶ岳が見える。噴煙を上げる浅間もはっきり見える。

大岩  前剱看板

前剱山頂2  前剱山頂3

平蔵のコルを経ていよいよ核心部に突入だ。 

前剱山頂4

かにのタテバイが見えてきた。先行者は2パーティー4人。渋滞はない!予め色々なHPやガイドブックで予習をしていたが、「最初の足がかりが遠い」とのことだったが、真新しいボルトが打ってあり、楽に登ることが出来た。

登頂1  登頂2

登頂3  登頂4


7:45剱岳山頂に到着。やった~!山頂には先行者が10人ほど、想像とは異なり静かな山頂だ。      この夏新たに祭られたお社に参拝、安全登山の御礼をした。あの三等三角点をカメラに収め、測量官・柴崎芳太郎の苦労を偲ぶ。来夏の映画の封切が楽しみだ。


ややガスがあるも、まずまずのコンディション、時折八ツ峰や早月尾根も顔を覗かす。新築工事中の剱沢小屋もみえる。

山頂1  山頂2

三角点  山頂3

山頂3  山頂4

 
                                                   

気がついたら一時間も山頂で長居をしていた。そろそろ団体さんが登ってくるので、下山を開始する。
早月尾根への登山道を右に分け、程なくするとかにのヨコバイが現れる。
ここも先行者は3人だけ、全く渋滞知らずのご機嫌登山(下山?)だ。
ドラ吉が先に通過、ポチに足の置き場をアドバイスする。 ポチもなんなく通過、「やったねポーズ」です。

分岐標識  カニノヨコバイ

その後も悪場が連続するが、手掛かり・足掛かりはしっかりしており、落石に注意して楽しく降る。
前剱の下りのザレ場を慎重に通過して、いよいよフィナーレ。11:00無事剣山荘に帰還した。

下降2  下降3

下降4  下山1

下山2  下山3

剣山荘玄関前


4月の残雪の雷鳥荘で、「秋には剱岳へ」と口にしたことが、こんなに素晴らしい貌で実現でき、感激で胸が一杯です。
悪天が続いたため、登山者も少なく、ゆったり歩くことが出来ました。天候にも恵まれ剱岳を120%満喫することが出来ました。やはり剱岳は「デッカイ」山でした。
山を始めて丸二年の私たちが、このように楽しく剱岳に登れたのも、ひとえに折に触れ且つ段階を踏んで
BAKUさんにご指導いただいた結果であり、感謝の気持ちで一杯です。 有難うございました。
また、今回の山行にあたっては、つかさんの山行記録を大いに参考にさせていただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。










 






















 



















スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR