fc2ブログ

前穂高岳・岳沢からピストン(2010.9.4-5)

岳沢登山口


昨年、宿題として残してしまった前穂高岳

今夏、岳沢小屋が復活したので、早速行ってきました。




<同行者>  ポチ


<行程>

9月4日(土):上高地BT(7:30)→岳沢登山口(8:00)→岳沢小屋テン場(11:00)

9月5日(日):テン場(5:02)→カモシカの立場(5:55-6:00)→紀美子平(7:30-7:40)→前穂山頂(8:18-8:40)→紀美子平(9:12-9:20)→カモシカの立場(10:25-10:30)→テン場(11:10-12:20)→岳沢登山口(14:24)→上高地BT(14:45)


今回の山行の目的は
 
(1)昨年宿題として残してしまった、前穂高岳のピークに立つ

(2)復活なった岳沢小屋に行くこと (ヒュッテ時代に小屋番をしていた知人に報告をしたい)

でしたので、岳沢小屋のテン場にテントを上げて、重太郎新道で前穂ピストンのコースを選択しました。

初日の行程はテン場まで、CT2:35、標高差665mのハイキングなので、いつもよりもゆっくりのスタートです。

7:00、乗合タクシーで上高地バスターミナルに到着しました。

観光バス越しに明神から吊り尾根、奥穂、西穂への稜線が朝日に輝いていて、期待に胸が膨らみます。


バスターミナルからの穂高  河童橋と吊り尾根


河童橋から岳沢を遠望します。


岳沢遠望


橋を渡って梓川右岸を進みます。右岸を歩くのは9年前に初めて観光で来たとき以来です。

その時は「デカザック」を背負った登山者を見て、「おうおう、ご苦労なこった」としか思わなかった自分が今や「デカザック」を担いでいるわけで、人間、変われば変わるものです。

まだ時間が早く、散歩する観光客もまばらです。

岳沢登山路の看板からいよいよ穂高への山旅が始まります。

登山道には1~9番の標識があり、ペースを確認しながら登ることが出来ます。


岳沢登山口   標識を見ながら


しばらく進むと、異様な光景が目の前に広がります。

今春の雪崩で被害を受けた倒木の山です。チェーンソーで切り刻んで何とかルートを確保してあります。

今更ながら雪崩の恐ろしさとそのエネルギーの大きさを思い知らされました。


雪崩による倒木


岳沢名物「風穴」です。まさに天然クーラーで、しばしの涼を取ります。

ここまで僅かに5名の登山者に追い越されただけ、「穂高劇場」の静かなプロローグです。


風穴


視界が一気に開け、目の前に天狗のコルを中心に穂高の稜線が広がります。

いよいよ「穂高劇場」の開幕です。



天狗のコル


案内看板1番は小屋見峠、小屋までは残り僅かです。

河原を渡って岳沢小屋に到着しました。11:00、のんびり歩いて登山口から3時間もかかってしまいました。

旧岳沢ヒュッテが2006年春に雪崩により倒壊して以来4年、皆が待ち望んでいた登山拠点の復活に感謝です。

テン場は河原を渡り返し前穂方向に50m程登ったところにあります。


小屋見峠から  岳沢小屋


テン場の奥には「岳沢万年雪」と呼ばれる雪渓と岩峰「トリコニー」が聳えています。


テン場から岳沢万年雪&トリコニ


設営が済んだら、天狗沢までお散歩です。  青空のもと絶景を堪能します。


天狗沢散歩1  天狗沢散歩2


16:00頃から嫌な雲が出てきました。 ひょっとして夕立が来るかもと、早夕食にします。

「キーマカレーとナン」の夕食を済ませてしばらくすると、やはり雨が降り出しました。 結構な雨脚です。

ここ15日ほど雨が無かったようですから、稜線の小屋やお花畑にとっては恵みの雨でしょう。

(翌日、穂高岳山荘から降りてきた登山者に聞いたところ、上では一滴も降らなかったとのこと、夕立は岳沢だけだったようです)

翌朝2:30起床、テントの外に出ると満天の星です。  天の川もくっきり見えます。

4:00、明神岳山際からオリオン座が上がってきました。  「昴」もはっきり見えます。

5:00、薄明かりの中、前穂に向けて行動開始です。下弦の月が明神岳の脇に輝いています。


5:00出発


お花畑の中をジグザグに高度を上げて行きます。

間ノ岳の先端が朝日に輝き始めました。


間ノ岳に朝日が当たる


振り返ると、雲海の向こうに焼岳と乗鞍が浮かんで見えます。


雲海と焼岳・乗鞍


右 ロバの耳     中奥 ジャンダルム


ジャンダルムとロバの耳


右から 天狗岳・間ノ岳・西穂


右から天狗岳・間ノ岳・西穂


前穂の山頂を仰ぎ見ます。


前穂山頂を仰ぎ見る


雷鳥広場まで来ると、奥穂山頂の祠も見えます。  中央ピークから左下に下がった二つの突起が祠と方位盤

雷鳥平から見た奥穂山頂

ハシゴ、鎖場もありますが、岩も安定しており順調にに高度を稼ぐことができました。  7:30、紀美子平に到着。

吊り尾根を下ってきた登山者が休んでいました。 既に前穂に向かった登山者がデポしたザックも有ります。

紀美子平


ここで一服して息を整え、いよいよ前穂山頂に向けてアタックです。

どんどん視界が広がります。  槍・穂の稜線も見えてきました。


槍・奥穂の稜線


8:18、前穂の山頂に立つことが出来ました。  かなり広い山頂です。

先の方まで歩いていって下を覗き込むと、涸沢ヒュッテや涸沢小屋が見えました。


前穂山頂にて  涸沢を見下ろす


前穂北尾根2峰をクライミングダウンしているパーティーが見えます。

しばらくすると、前穂山頂まで上がってきました。 思わず拍手で迎えます。

男性ガイドがリードする、女性4名のパーティーで、これから更に明神を登って上高地に下山するとのこと。

明らかに私より年上の女性もいて、びっくりしてしまいました。

(この後このパーティーには上高地に下る手前で抜かれることになりました、ホント皆さんお元気です)


前穂北尾根2峰からクライミングダウンするパーティー


絶景をお楽しみ下さい。


槍・奥穂の絶景


奥又白の池も良く見えました。


奥又白の池


さあ、テン場に戻って撤収して下山です。 

風も無く安定した天気のもと、岩稜歩きを満喫することが出来ました。

やはり、穂高は最高です。

上高地周辺の立ち寄り湯は混雑しているので、安曇野堀金まで移動して「ほりでーゆ~四季の郷」でゆっくり温泉につかり食事も済ませて帰りました。




今回出会った赤い実たち

気温が高くまだ「夏真っ盛り」ですが、草木は秋の装いを身にまとっていました。


赤い実1  赤い実2キイチゴ
ミヤマシグレ                                   キイチゴ(種類は?)


赤い実3ゴゼンタチバナ  赤い実4オオカメノキ
ゴゼンタチバナ                                  オオカメノキ


赤い実5  赤い実6オオヒョウタンボク
?                                        オオヒョウタンボク


赤い実7ハリブキ  赤い実8ウラジロナナカマド
ハリブキ                                     ウラジロナナカマド











スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れさま

お帰りなさい。
テントの山旅は自由で最高です。また予定を組んで行きましょうね。
絶景の穂高の画像楽しく、新鮮に拝見しました。
やっぱり山は穂高に始まって穂高に終わるんですね。

No title

BAKUさん、おはようございます。
今回は「山そのもの」を楽しんできました。ますます穂高の大きさに心が惹かれます。
是非またご一緒させてくださいね。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR