fc2ブログ

朝日岳・白馬岳(2013.9.21-23) その1

表紙


ひと足早い秋の訪れを感じたくて、北アルプスのはずれ朝日岳に行ってきました。

今夏は天気とカレンダーの巡り合わせが悪く、山行計画を幾度も変更させられましたが、この三連休はお蔭さまで好天に恵まれ、予定通り白馬岳にも足を延ばすことが出来ました。

アットホームな雰囲気と美味しい料理で評判の、朝日小屋に宿泊するのも、今山行の目的の一つです。




一日目(蓮華温泉→朝日岳→朝日小屋)


2013年9月21日(土)   晴れ    ドラ吉単独


<行程>

蓮華温泉(5:20)→兵馬ノ平(5:57)→瀬戸川出合(6:21)→白高地沢出合(7:14-7:20)→花園三角点(8:40)→休憩(8:47-8:54)→休憩(10:26-10:36)→吹上のコル(11:23-11:31)→朝日岳(12:07-12:30)→朝日小屋(13:05)


<ルート図>







昨今の登山ブームで秋の連休ともなると、人気の山域はどこも大混雑、特に若者のテント泊志向でテン場は悲惨なことになっています。

少しでも静かに歩きたい、小屋泊まりでゆっくりしたい、と言うことで蓮華温泉を基点に朝日岳と白馬岳を周遊することにしました。

山行計画を立てるに当たり思案したのは、時計回りにするか、反時計回りにするか。

NHKドラマ「坂の上の雲」のタイトルバックに使われた、雷鳥坂を小蓮華山めざして登りたいとの誘惑も有りましたが、連休初日が白馬山荘の混雑のピークであろうと思われること、そして最終日の下山に要する時間が朝日小屋発だとCT7:30であるのに対して、白馬山荘発はCT4:55と短く、高速の渋滞を回避できる可能性があるとの判断で、反時計回りにすることにしました。

蓮華温泉を訪れるのは今回が二度目。 前回はポチと二人で白馬大池までテントを上げて、そこをBCにして白馬岳をピストンしました。 前回の記録は こちら


4,50台のキャパのある駐車場ですが、三連休の初日ですから相当の混雑が予想されるので、仕事のやり繰りをつけて、金曜は午後半休を取り、自宅を14:30に出発しました。

上信越道長野ICで高速を降り、オリンピック道路を経由、道の駅で夕食を取り20:30に蓮華温泉駐車場に到着しました。

案に相違して駐車場はガラガラで先ずは一安心、翌朝4:30までシュラフに包まって、ゆっくり眠ることが出来ました。


十六夜の明るい月が輝く中、5:20に行動を開始、朝日岳を目指します。

大半の登山者は蓮華温泉ロッジの裏手から白馬大池方面に向かって行きました。



蓮華温泉ロッジ


ロッジ前から見上げると、山の端が朝焼けでピンクに染まり、とても綺麗。

今日一日の好天を期待させてくれます。

朝焼け


蓮華温泉キャンプ場の脇から、本格的な登山道が始まります。


キャンプ場


しっかり整備された登山道、夜露に濡れた木道を慎重に下って行きます。

木道を下る

登山口から標高にして150mほど下って平坦なアヤメ平に出ました。

朝日岳(中央)のお出ましです。

朝日岳のお出まし(アヤメ平)


兵馬の平で遊歩道を左に分け、さらに150mほど下ると、やがて沢音が響くようになり、瀬戸川に架かる立派な鉄の橋に至ります。ここが今回の山行で最も標高の低い(1,170m)瀬戸川出合です。


瀬戸川


瀬戸川出合からアップダウンを繰り返しながら徐々に標高を上げて、小一時間進むと白高地沢に突き当たります。


白高地沢


鉄の橋の中央から源頭部を見上げると朝日岳(左奥)が聳えています。

青空が本当に綺麗です。

源頭部朝日岳


白高地沢を後にすると、緩急はあるものの朝日岳山頂までほぼ一本調子の登りが続きます。

このコース、高山植物で有名な登山道ですが、この時期でも様々な花が目を楽しませてくれます。

ミヤマトリカブト
ミヤマトリカブトの立派な株



整備の行き届いたカモシカ坂、草紅葉も始まり、足取りも軽くなります。


カモシカ坂


振り返ると頚城山塊の山々、妙高、火打、焼山、雨飾、そして鋸岳が見えています。


振返ると妙高、火打


ウェイポイントの花園三角点、少し先に休憩適地があります。

花園三角点


カモシカ坂を詰めて、いよいよ五輪尾根に取り付きます。

五輪尾根に続く


進行右手に広がる五輪高原と五輪山。

五輪山と五輪高原


盛夏には及ばないものの、様々な花が癒してくれます。

ワレモコウ
ワレモコウ


カライトソウ
カライトソウ


シモツケソウ
シモツケソウ


ヒメシャジン
ヒメシャジン


タカネマツムシソウ

今回の山行で目立ったのが、カライトソウとタカネマツムシソウでした。

殊にタカネマツムシソウは大きな花をつけた株があちこちにあり、その美しい花色がとても印象的でした。



五輪尾根から後を振り返ると、蓮華温泉ロッジがかすかに見えました。(右奥)

この瞬間、反時計回りが正解、下山にこのルートを使わなくて良かった、と思いました。

終点が見えてからが長く、更にラストの登り返しが本当に辛そうです。

蓮華温泉ロッジが見える


この尾根は展望が良く利き、左方にはどっしりとした雪倉岳を終始望むことが出来ます。

雪倉岳と小蓮華山


「五輪の森」の道標を過ぎると、登山道は一旦樹林の中に入ります。

五輪の森

9月後半とは言え、この日はとても暑かったので、樹林帯の涼しさがとても救いになりました。

樹林に入る


ゴゼンタチバナの赤い実や、

ゴゼンタチバナ


クロマメノキの美味しそうな実、

クロマメノキ


そしてオオカメノキの赤い実、あちこちに初秋の色彩が散らばっています。


オオカメノキ


朝日岳の大きな姿が、ようやく間近に迫ってきました。


朝日岳1


雪倉岳の右肩にピラミダルな山容の旭岳が顔を覗かせています。


雪倉岳・旭岳・清水岳


カライトソウの群落も見事です。

カライトソウの群落



ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ


左から小蓮華山、雪倉岳,旭岳。  白馬岳は雪倉岳の後ろに隠れています。


小蓮華・雪倉・旭


青空に映えるミヤマシシウド。

ミヤマシシウド


9月中旬を過ぎてもヒオウギアヤメが咲き誇っているのに、ビックリです。


ヒオウギアヤメ1

ヒオウギアヤメ2


ミヤマアケボノソウ
ミヤマアケボノソウ


タカネトウチソウ
タカネトウチソウ


すっかり綿毛となったチングルマ、あちこちに大きな群落が広がっています。

花の時期はさぞや見事なことでしょう。

チングルマ


吹上のコルまでもう少し、どんな景色が待っているのでしょう。

ゆったりとした気持ちの良い登山道を進みます。

吹上のコルを目指す


ようやく吹上のコルに到着しました。

ここで、海抜0mの親不知に至る栂海新道を分けます。

吹上のコル


眼下に広がる大展望、手前の池は朝日池です。

奥に広がる市街地は入善辺りでしょうか、日本海の水平線もぼんやりですが見えています。

朝日池と日本海


さあ、山頂に向けてラストスパートです。

朝日岳山頂へ


この日初めて白馬岳が姿を現しました。


白馬岳が見えた


12:07、ようやく山頂に到着しました。

小広い山頂からは360度の大展望が広がります。

立派な山頂標識は今月新調されたばかり、白馬岳をバックにハイポーズです。

朝日岳山頂


山頂からの大展望をお楽しみ下さい。

白馬岳と旭岳。

朝日岳山頂から白馬岳と旭岳


左から焼山、火打山、妙高山。

山頂から焼山・火打・妙高


左から立山、別山、剱岳。

山頂から立山と剱岳


青空に広がる雲の妙、まるで天に向けて羽ばたく鳳凰のようです。

雲のアート(鳳凰)


山頂周辺は登山道整備事業が完了し、真新しい木道が設置されていました。

剱岳に向かって真っ直ぐ延びるハイウェイのようです。

新しい木道


表土の流出を防ぐマットも敷かれています。

表土の養生


小屋に向かって駆け下ります、朝日平に建つ朝日小屋が見えてきました。

朝日小屋が見えた

赤い三角屋根の朝日小屋。

亡くなったお父様の遺志を継がれて、お嬢様の清水ゆかりさんが切り盛りする小屋です。

朝日小屋


小屋前のテン場、50張りほどのキャパがあります。

この時間、まだまだガラガラでした。

前朝日とテン場


受付して案内された二階の八畳の部屋、定員八名のところ今日は四人で使用でき快適でした。


8人部屋


夕飯までたっぷり時間が有るので、外のベンチでビールを飲みながら文庫本を読みふけりました。

ふと見上げると朝日岳の山肌も結構色づいていました。


朝日岳の紅葉


夕刻5時、お待ちかねの夕食の始まりです。 美味しいと評判の手作りの夕飯です。

今シーズンのメニューは

(1)鶏唐揚げの甘酢かけ  オクラ添え
(2)富山風おでん (大根、ウズラ玉子、根曲がり竹、コンニャク、生揚げ、巾着、ごぼう巻き)
(3)カジキの昆布〆
(4)ホタルイカの沖漬け
(5)長芋サラダ
(6)そば
(7)ごはん(富山産コシヒカリ)
(8)デザート(地元の和菓子)

と言う豪華版、評判に違わず大変美味しかったです。


朝日小屋の夕食


夕食後、木道を辿って日本海が見えるところまで散歩に行ってみましたが、残念ながら雲が立ち込めて海を見ることは出来ませんでした。

それでも帰りしな、夕日に薄っすらと染まる朝日岳を見て、とても満ち足りた気持ちになりました。

天気良し、山良し、花良し、小屋良し、素敵な一日を過ごすことが出来ました。


赤く染まる朝日岳






<本日のデータ>

行動時間7時間45分
歩行距離11,4km
最大標高差1.285m
獲得標高上り 1,470m
下り 750m











余談ですが、この日16:00過ぎに予約無しの三人組が到着、食事つきの宿泊の申込みをしましたが、清水さんから「朝日小屋は予約無しで食事の提供は出来ません。すべて手作りしているので間に合わないのです。そうはいっても帰れともいえないから、うどん位は用意します。次回からは必ず予約して、美味しい食事を是非召し上がってください」と言われていました。

HPにも記載がありますが、予約必須ですのでご注意下さい。


                      その2へ続く
                  
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR