fc2ブログ

高見石・中山・にゅう (2013.9.14)

表紙

ポチを誘って北八ッに行って来ました。

ポチにとっては5月の御前山以来、4ヶ月ぶりの山行です。

当初は黒百合ヒュッテに一泊して、のんびり天狗まで足を延ばす予定でしたが、直前の台風発生で計画の変更を余儀無くされました。




2013年9月14日(土)  晴れのち曇り




<メンバー>  ポチ、ドラ吉


<行程>

麦草峠公共駐車場(6:10)→丸山(7:17-7:20)→高見石(8:45-8:57)→高見石小屋(8:01-8:11)→中山展望台(9:34-10:03)→にゅう分岐(10:23)→にゅう(11:25-11:45)→白駒池南岸(13:02)→白駒荘(13:12-13:15)→麦草峠公共駐車場(13:50)





<ルート図>







秋雨前線に意地悪されて二週連続で山行計画を中止させられたドラ吉、秋雨前線の動向を注視していました。

今度は山行直前の13日(金)午前3:00に、小笠原諸島の南海上で発達中の熱帯低気圧が台風に変わり、連休後半には本州に接近との予報が出ました。

金曜夜の時点では八ヶ岳方面は土曜日は一日晴天、日曜午後から崩れるとの予報。

既に予約を入れていた黒百合ヒュッテに一泊する装備で、登山口の麦草峠公共駐車場に向かいました。

上信越道経由で深夜0時に駐車場に到着。 三連休と言うことで駐車場の込み具合が心配でしたがそれも杞憂に終わりました。

5:00に起床、ネットで最新の天気予報をチェックしようとしましたが、ドコモもソフトバンクもつながりません。


高見石小屋まで行けばドコモはつながるので、そこでルートの最終決定をすることにして出発。



公共駐車場


近くの麦草ヒュッテの前を過ぎ、鹿除けネットを抜けて登山道に入ります。

麦草ヒュッテ


最初のピーク丸山に至る登山道、いかにも北八ヶ岳らしい苔むした森に最初からテンションが上がります。


登山道


登山口から200mほどの標高差を一時間以上かけてゆっくり上り、丸山山頂に到着。


丸山山頂


高見石小屋に下る途中、メルヘンチックな苔を見つけました。 妖精が出てきそう。

苔


高見石小屋の脇から高見石に登ります。

高見石2


大石の段差が結構あり、久しぶりのポチには登りにくそうでした。

高見石1


てっぺんからは大展望が広がります。

眼下に白駒池。

高見石から白駒池


茶臼や縞枯など、北八ヶ岳の峰々。 最奥の蓼科山も顔を見せています。

高見石から北八ッ


これから向かう中山のなだらかな姿。

高見石から中山


高見石小屋の前でネットに接続して最新の天気予報をチェック。

「お天気ナビゲータの登山ナビ」の予報によると、天気の崩れが早まって日曜は早朝から雨。

苔むした岩と木の根の露出した登山道を雨中下ることは避けたい、ポチと相談してルート変更することにしました。

天狗岳は諦め、高見石・中山展望台・にゅうの展望ポイント三ヶ所を回って麦草峠に戻る日帰りルートです。

高見石小屋


そうと決まればゆっくり北八ッの静かな森を堪能しましょう。

中山への登山道


ゴゼンタチバナも赤い実を結び、すっかり秋の装い。


ゴゼンタチバナ


秋の森の名脇役、きのこもあちこちに。

茸


一気に目の前が開けたなと思ったら、そこが中山展望台。


中山展望台1


大石ゴロゴロの明るい広場。

残念ながら雲が湧いて、周囲の展望は得られませんでした。

携帯で黒百合ヒュッテに予約キャンセルの連絡を入れました。


中山展望台2


目の前にそびえる天狗岳も雲に隠れたままでした。

展望なし


中山山頂からにゅう分岐まで急降下、分岐を左に折れてにゅうに向かいます。

下から次々と登山者が登ってきます。 

山ガール、山ボーイのカラフルな服装に、ポチは目を白黒させていました。

目指すにゅうが迫って来ました。


にゅう


にゅうには沢山の登山者が取り付いていました。


にゅう2


にゅうの先端と小海方面の展望。


にゅう山頂


これから向かう白駒池、青苔荘の赤い屋根も見えています。

にゅうから白駒池


東天狗、西天狗がやっと姿を現しました。


にゅうから天狗岳


にゅう山頂から白駒池に向かう途中にある白駒湿原。

この時期、目を楽しませてくれる花は咲いていませんでした。

白駒湿原


乳酸が溜まってしんどくなった頃、やっと白駒池南岸に到着。


白駒池南岸


白駒荘は子供連れのハイカーで賑わっていました。

白駒荘


5年ぶりに訪れた白駒池、変わらぬ静けさに心が洗われます。

白駒池


今日の山旅もいよいよフィナーレ、白駒の奥庭を抜けて麦草峠に向かいます。


白駒の奥庭


足許にはオヤマリンドウ、蜂が花をこじ開けて吸蜜していました。

オヤマリンドウ


ぐるっと一回りして、戻って来ました。

残念ながらメインターゲットの天狗岳には登れませんでしたが、しっとりとした北八ッの森を堪能することが出来、ポチも大満足の一日でした。


麦草ヒュッテに戻る



<本日のデータ>

行動時間7時間40分
歩行距離10,0km
最大標高差422m
獲得標高上り 597m
下り 600m












下山後立ち寄った小海リエックス、@800と少し高めですが、浴場設備が良くお薦めです。

お菓子のシャトレーゼの経営で、入浴後アイスクリームのサービスもあります。

スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR