fc2ブログ

爺ヶ岳・鹿島槍・針ノ木岳縦走(2013.8.9-10) その1

表紙1


北アルプスもやっと梅雨明け、好天マークが続く天気予報を信じて、扇沢に向かいました。

早めに自宅を発ち、中央高速をひた走り、扇沢に着いたのは23:55、市営駐車場(無料)はまだまだ空きスペースが有りました。



一日目(扇沢→鹿島槍→冷池山荘)




2013年8月9日(金) 晴れ  ドラ吉単独


<行程>

扇沢(5:17)→登山口(5:27)→八ッ見ベンチ(6:02-6:05)→駅見岬(6:39-6:42)→水平岬(7:25-7:28)→富士見坂(8:00-8:08)→種池山荘(8:30-8:47)→爺ヶ岳南峰(9:29-9:35)→冷乗越(10:25)→冷池山荘(10:37-11:06)→布引山(12:00-12:02)→鹿島槍ヶ岳南峰(12:50-13:15)→布引山(13:48)→冷池山荘(14:31)


<ルート図>






いつものようにシュラフを持ち込んでの車中泊、ぐっすり寝ることが出来ました。

4:20起床、コンビニおにぎりで朝食を済ませ、用足しに扇沢駅に向かいました。
有料駐車場はガラガラ、駅の軒下でシュラフに包まって仮眠をとる登山者も何人かいました。

5:17、装備を整えアルペンラインを少し戻って、登山口に向かいます。

市営駐車場


鉄橋の先が登山口、周辺の駐車場はさすがに満車状態でした。

登山口駐車場


登山口には係員がいて、登山者カードの提出を指示されます。

ドラ吉は事前に記入済みの届けを提出、ゆっくり歩き始めました。

登山口


柏原新道は要所要所に写真のような黄色い看板があり、とてもペースが掴みやすい登山道です。

駅見岬


ここ駅見岬からは眼下に扇沢駅を見ることが出来ます。

扇沢駅


柏原新道は冷池山荘の二代目オーナーの柏原正泰氏が独自に開削した登山道で、現在も小屋関係者が整備に尽力されています。

本当に手入れの行き届いた歩きやすい登山道で、感謝の気持ちで一杯です。

手入れの行き届いた登山道1


塩ビ管を二つに割った樋がそこかしこに敷設されていて、雨水による登山道の痛みを防いでいます。


手入れの行き届いた登山道2


左手に最終日に下る針ノ木雪渓が見えてきました。左のピークが蓮華岳、中央ガスがかかったのが針ノ木岳。


針ノ木雪渓


ガラ場に残った雪渓もしっかり雪切りしてあり、不安はありません。

ガラ場の雪切り


今年は4年ぶりのコバイケイソウの当たり年、種池山荘直下の群落も満開状態です。


コバイケイソウの群落

コバイケイソウ


山荘手前のお花畑、エゾシオガマとハクサンフウロの競演です。

エゾシオガマとハクサンフウロ


8:30種池山荘到着、ここでエネルギーを補給して爺ヶ岳への上りに備えます。


種池山荘


山荘正面の展望、(左)蓮華岳  (中)針ノ木岳とスバリ岳  (右)岩小屋沢岳


種池山荘から


山荘を発って爺ヶ岳に向かいます。 山荘を出てすぐのところにアオノツガザクラとチングルマの群落がありました。


ハクサンイチゲとアオノツガザクラ


明日歩く縦走路、右から岩小屋沢岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳、蓮華岳。


明日の縦走路


種池山荘を振り返ります。

ガスの奥に立山が薄っすらと見えてきました。


種池山荘を振り返る


爺ヶ岳南峰が迫ってきました、山頂に登山者が見えます。


爺ヶ岳南峰を目指す


本日最初のピーク、爺ヶ岳南峰山頂に到着。


爺ヶ岳山頂


立山・剱もベールを脱ぎました。


立山と剱


蓮華岳の奥に、遠く槍ヶ岳の鋭峰も見ることが出来ました。


蓮華岳の奥に槍ヶ岳


爺ヶ岳中峰に向けて足を進めます。 但し、中峰、北峰とも山頂はパスして巻き道を行きます。

中峰


今回の山行のメインターゲット、鹿島槍ヶ岳が見えてきました。

しかし、山頂は雲の陰に隠れています。

鹿島槍が見えた


黒部側のガスはだいぶ切れてきました。


立山と剱2


進行右手のハイマツの中から聞き覚えの鳴き声が聞こえて着ました。 ライチョウです。

お母さんライチョウがカメラ目線でドラ吉を眺めています。


雷鳥1


そうこうしている内に登山道を横切って、谷側のハイマツの茂みの中に移動していきました。

よく聞くと別の泣き声が聞こえます。おそらく子供たちがいるのでしょう。

今シーズン初めてのライチョウさんとの遭遇に、足取りも軽くなりました。

雷鳥2


今夜の宿泊地、冷池山荘が見えてきました。

信州側から沸きあがるガスが、相変わらず鹿島槍を隠しています。


冷池山荘が見える


足許に目をやると、ヤマホタルブクロです。

ヤマホタルブクロ


爺ヶ岳を振り返ります。


爺ヶ岳を振り返る


冷池山荘とピラミダルな山容の布引山。 山荘は結構凄いところに建っているのですね。


冷池山荘と布引山


冷乗越、ここで赤岩尾根ルートと合流します。 山荘まであと10分です。


冷乗越


10:37、冷池山荘に到着しました。

さっそく宿泊の手続き、一泊夕食のみで¥8,200-でした。


冷池山荘


二階の8号室へ案内されました。 この部屋ではドラ吉が一番乗りです。

ザックの下の布団を指定されました。

今日は定員を超えると予想されますとのことでしたが、最終的には定員には至らず、右側の茶色の布団と併せて占有することが出来ました。

当初の予定では、明朝鹿島槍の頂上アタックのつもりでしたが、体調もよく早めに山荘に着けたので、これから山頂に向かうことにしました。

ポケッタブルのサブザックにレインウェアと飲み物・行動食を移し、軽身で頂上に向かいました。

夕飯は17:00なので、15:30までに戻ってくれば良いでしょう。


部屋


背中の荷物が軽くなって、羽根が生えたようです。

山荘から少し登ったところにテン場があります。 立山・剱の展望台で最高の立地です。

ここまでテントを上げられる皆さんが羨ましい!

テン場から


剱岳、三ノ窓雪渓(左)と小窓雪渓(右)が印象的です。

剱岳


     左から雄山、大汝、富士ノ折立          真砂岳              別山
立山


もう少しでガスが切れそう、期待に胸が膨らみます。

布引山


布引山山頂、おーっ! ついに南峰が姿を現した!

あと小一時間で鹿島槍山頂に立てるぞ!


布引山山頂から鹿島槍南峰


立秋も過ぎ、ミヤマアキノキリンソウやトリカブト等、秋の草花も目立ってきました。


ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウ

トリカブト
トリカブト


南峰までラストスパート!

実はこの写真の右下隅に蝶が小さく写っています、アサギマダラです。

台湾や沖縄まで移動することで知られる蝶で、この時期3000mの稜線で見かけます。

今回の山行でも何頭も見かけたのですが、風に舞うばかりで近くに止まることが無く、撮影できませんでした。

昨年も聖岳や荒川岳で見かけて、なんとか撮影したいと思っていたので、こんな小さな姿でも、写っていて嬉しかったです。

何峰へ(アサギマダラ)


漸く鹿島槍南峰山頂に立ちました。

どうでもいいけど、なんか疲れた顔をしてますね。(本当は全然疲れてないのだけれど)

南峰山頂


信州側は相変わらずガスっていて展望なし、黒部側の展望を楽しみながらしばしの休息です。

尚、信州側ではドコモの電波があり、ポチに無事登頂の連絡が出来ました。

山頂から立山・剱


なかなかガスが切れず、北峰をかすかに拝んだのはこの一瞬だけでした。


北峰を幽かに望む


ガスの中、吊り尾根を渡ってくる登山者、イワツバメも偶然写っていました。


吊尾根を渡る登山者とイワツバメ


いくら待ってもガスが切れそうも無いので、山頂を辞して山荘に戻りましょう。

帰路、秋の訪れを告げるトウヤクリンドウを見つけました。
涼しげな花で、ドラ吉の好きな花です。

トウヤクリンドウ


布引山から眺める爺ヶ岳、南峰・中峰・北峰とほぼ完全な姿を見せてくれました。

布引山から見る爺ヶ岳


テン場近くまで戻ってきて、なんとなく振り返ると、鹿島槍北峰が見えるではないですか!


振返ると北峰が見えた!


やっと見慣れた双耳峰の姿を見ることが出来ました。

南峰と北峰


山荘まで戻り、冷たいビールで一人乾杯です。


ややガスがあったものの、楽しい一日を過ごすことが出来ました。


17:00からお楽しみの夕食、山談議に花を咲かせながら美味しくいただきました。


冷池山荘の夕飯




<本日のデータ>

行動時間9時間14分
歩行距離13,9km
最大標高差1,559m
獲得標高上り 1,882m
下り 851m













今日は思いのほか体調が良くて、鹿島槍まで足を延ばすことが出来ました。

予定外の4時間の時間が稼げたので、明日は当初予定の新越山荘泊を変更して、一気に針ノ木小屋まで行ってみますか。

何れにしても早立ち、起床予定3:30で眠りにつきました。




                      その2へ
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR