fc2ブログ

雲取山(2013.6.23)

表紙


梅雨の晴れ間に日帰りで、雲取山に行って来ました。

今回の山行の目的は、夏山シーズンに備えてのトレーニングと、山頂から世界遺産への登録が承認された富士山に祝福の言葉を贈ることです。

いつもならバスで鴨沢まで行って、登り始めるのですが、天気予報では午後3時頃から雨の見込み。

スタートを早くして雨が降る前に下山しようと言うことで、今回は車で小袖乗越まで上がることにしました。


2013年6月23日(日) 晴れ時々曇り  ドラ吉単独




<行程>

小袖乗越(6:16)→堂所(7:36-7:40)→七ッ石小屋分岐(8:16-8:18)→ブナ坂(8:52-9:00)→奥多摩小屋(9:27-9:32)→小雲取山(10:04-10:10)→雲取山(10:29-11:00)→奥多摩小屋(11:31-11:35)→ブナ坂(11:56)→七ッ石小屋分岐(12:23)→堂所(12:50-12:54)→小袖乗越(13:45)


<ルート図>





自宅を3:50に発って、小袖乗越の空き地に着いたのは丁度6:00でした。

この空き地、鴨沢バス停から林道を上ったヘアピンカーブの奥にあり、50台くらい駐車できるスペースです。
(一応「売り地」の立札が出ている私有地ですが、何年もこの状態です)


帰還
下山時に撮影


駐車場から400mほど先にある登山口、ここから標高差1,320mのトレーニングのスタートです。

小袖登山口


例によって奥多摩らしい杉の植林帯に延びる登山道。

昨日の激しい雷雨の影響か、この先堂所の手前まで登山道の泥濘が酷く、気分が今ひとつ乗りませんでした。

杉の植林


スタートから1:20で堂所に到着。

この道標の30mほど先に休憩適地の広場があり、そこで最初の休憩をとりました。


堂所

堂所の広場
堂所の広場


七ッ石小屋に向かう登山道を右に分け、巻道経由でブナ坂に向かいます。

石尾根上の交差点「ブナ坂」、先行者数人が休憩を取っていました。

ドラ吉も「魔法の粉=アミノバイタル」を補給して、山頂への登りに備えます。


ブナ坂


見上げると落葉松の若葉の先に青空と白雲。  富士山に会えるかな。


落葉松


さあ、やさしい日差しを浴びて、石尾根歩きの始まりです。

この辺りは鹿も食べないマルバダケブキが繁茂していました。

マルハダケブキ


足許を良く見ると、ワラビが出ています。


ワラビ1

目を先にやると、ワァーッ! ワラビの畑!?

ワラビ2


五十人平のヘリポートまでやってきました。

行く手を見ると雲に覆われ、展望がありません。

あれーっ、雲取山の今日の天気予報は「午前中は快晴」のはずなんだけど・・・・。

ヘリポート


奥多摩小屋のテン場、撤収が済んで一張しか残っていませんでした。


テン場


奥多摩小屋の木彫りのトトロ、気持ちが和みます。


トトロ


今回の山行で一番の急登、小雲取への登り。  息が上がります。


小雲取への急登


登って来た登山道を振り返ります。

残念ながら展望はありませんでした。  ここで息を整え、雲取山頂に向かいます。


振返って


避難小屋が見えてきました。 あと20分で山頂です。

避難小屋

山頂直下


10:29、山頂到着。 行動時間は4時間13分でした。

山頂1


残念ながら周囲の展望はありませんでした。

当然、富士山に祝福の言葉を贈ることも出来ず。

実はドラ吉、この山頂に立つのは今回で5回目。

しかし、過去4回も展望は無く、山頂から富士山の姿を拝んだことがありません。

雲取山とはよほど相性が悪いようです。


山頂2


今回は「トレーニング」と割り切り、30分ほど休んだ後、一気に小袖乗越まで下りました。

早立ち、早着で雨にあわず、正解でした。



<今日のデータ>

行動時間7時間29分
歩行距離20,0km
最大標高差1,322m
獲得標高上り 1,417m
下り 1,408m













トレーニングとしては先ず先ずの山行でしたが、富士山を拝めなかったのが心残り。

来週も富士山に会える山に行こうかな。
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR