fc2ブログ

立山三山縦走(2012.8.25-26) その1

表紙


過去5回室堂を訪れていますが、雄山の山頂に立ったことは無く、満を持しての立山三山の縦走です。

立山は室堂までのアプローチに時間(とお金)がかかり、室堂の宿に前泊しない限り早朝の行動開始は困難で、三山縦走のコースタイムは8時間足らずですが、日帰りは難しい山域です。

勿論、8月中旬までの盛夏に朝一の立山駅6:00発のケーブルで室堂に向かえば7時過ぎに行動開始でき、当日中の下山も可能ですが、昼前にはガスが湧くことが多く、満足感が得られない可能性が高いと思われます。


交通費も嵩む立山、出費に見合う満足度をいかに上げるかが今回の山行のメインテーマでした。

ポイントはルート選定とどこに泊まるか、そして天気予報。 果たして結果はいかに・・・。


一日目(室堂→新室堂乗越→別山→内蔵助山荘)





<日程> 2012年8月25日(土)  ドラ吉単独  晴れのち霧


<行程>

室堂(8:11)→雷鳥沢野営場(8:42-8:45)→新室堂乗越(9:05-9:10)→剱御前小舎(10:22-10:40)→別山南峰(11:12)→別山北峰(11:19-11:27)→別山南峰(11:34-11:41)→内蔵助山荘(12:28)


<ルート図>






室堂への入り口は関東からは扇沢、関西からは立山が一般的ですが、ドラ吉は昨年から立山駅経由を選択しています。
その理由は

(1)ケーブル、高原バスの乗り継ぎだけで、乗継時間のロスがほとんどない
(2)ケーブルのチケットがWEBで時間指定で予約購入でき、購入のために並ぶ必要がない
  (しかも乗車前日正午までキャンセル料なし)

だからです。

柏基点の経済的な損得は (ガソリン@150円/リッター)

立山経由(910km)扇沢経由(620km)差  額
高速代(深夜・休日割引後)9,850円8,450円1.400円
ガソリン代(ハイオク・燃費10km/リッター)13,650円9,300円4,350円
室堂往復交通費4,190円8,800円△4,610円
合    計27,690円26,550円1,140円











となり、1,140円の差額です。
これは一人での計算ですから、複数名の場合は高速代・ガソリン代の一人当たりの負担が減り
立山駅経由の方が割安となります。

今年から扇沢の駐車場の一部が有料になりました。立山はすべて無料です。

ロングドライブ(片道一時間は余分にかかる)が苦にならない或いは交代のドライバーがいる場合は立山駅がお勧めです。

という訳で、今回も21:00に自宅を発ち、翌朝2:00に立山駅前駐車場に滑り込みました。


立山駅駐車場


5:00まで仮眠を取り、いなり寿司とおにぎりで朝食を済ませ、駅に向かいます。

発券所の前の長蛇の列を横目に、予約乗車券を引取り駅のベンチに座って、出発を待ちます。


今回の山行、実は前日まで立山の土曜日の天気予報が芳しくなく(日曜は一日晴れ)、日曜日に御嶽山を日帰りで登ろうかと思っていました。

直前の金曜18:00の天気予報(日本気象のお天気ナビゲータ)で午前中は晴れ、昼から小雨か霧、15:00過ぎからは雨となる予報、行動時間からして昼には小屋に入れるとして、立山に向かうことにしたのです。

余談ですが日本気象のお天気ナビゲータ、月額105円の有料会員になると全国の個別山岳の一時間毎の天気予報を知ることが出来、とても便利です。

7:00発のケーブルカー、7:10発の臨時高原バスを乗り継ぎ、室堂には8:00に到着しました。

一年ぶりの室堂、天気予報どおりの快晴です!


立山ピーカン


お花のシーズンはそろそろ終わり、今回の山行の楽しみは静かに山そのもの、そして立山は勿論、剱や薬師、鹿島槍といった周辺の山々の景観を堪能することです。

したがって初日は観光客も多い一ノ越経由の雄山は避け、比較的登山者の少ない新室堂乗越から別山を経て、真砂岳直下の内蔵助山荘をゴールとするルートを選択、万一天候の崩れが早まれば、途中の剱御前小舎に変更することも選択肢に入れてスタートしました。

みくりが池


地獄谷の活動が活発で有毒ガスの危険が有り、遊歩道は閉鎖中。 みくりが池温泉からみどり池の淵を回って雷鳥荘に出ます。有毒ガスの影響か周辺のハイマツはすっかり赤茶けて枯れてしまっています。


雷鳥荘とハイマツ1


雷鳥荘とハイマツ2


見下ろす雷鳥沢の野営場はガラガラ、少し寂しいくらいでした。


雷鳥沢野営場


さあ、室堂平のお散歩は終了、いよいよ称名川を渡って登山の世界に足を進めます。

大半の登山者は雷鳥坂を登って直接別山乗越に向かっていきました。


称名川を越えて


ドラ吉は静かな新室堂乗越を目指します。こちらのほうが景色もよく変化があり楽しく歩けます。


新室堂乗越を目指す


眼下に室堂平の絶景が広がります。

室堂平の絶景

チングルマもすっかり綿毛になり、稜線ははや秋の装いです。

前方鞍部に剱御前小舎が見えてきました。

別山乗越

10時近くなってガスが湧き始めましたが、今のところ天気の崩れの心配は無さそうです。

ガスが湧いてきた

10:22、別山乗越に建つ剱御前小舎に到着しました。 お目当ての剱岳はどうかな?

剱御前小舎

おーっ! 剱だ! 

これさえ見えれば今日の山行は大成功。

剱岳

剱と後立山の稜線を見ながら、至福のランチタイム。

贅沢な時を過ごします。

剱と後立山連峰


天気は持ちそうなので、このまま剱沢を眺めながら別山に向かいます。
(帰宅後御前小舎のHPを見たら、この日は今シーズン二度目の大入り満員で、予約者以外は宿泊お断りだったようです)

剱沢

中央の丸いピークが別山南峰、左が北峰。

別山を目指す

剱沢野営場、雷鳥沢に比べこちらのほうが多少は賑やかでした。

剱沢野営場

11:12、別山南峰に到着。 お社が祭られています。

剱岳に登れなかった時代には、ここから剱岳を遥拝していたとのことで、立山信仰の参拝者にとっては重要な山頂だったようです。

別山南峰

往復15分の北峰に向かいます。

北峰へ

北峰には宗教的なものは無く、小さな山頂標識があるだけでした。

北峰山頂

北峰からの剱岳、背後からガスが迫ってきていますが、平蔵谷の雪渓が良く見えます。

北峰からの剱

一旦南峰に戻って、今宵の宿「内蔵助山荘」に向かいます。

正面の真砂岳の左肩に山荘が見えています。

内蔵助山荘へ

真砂岳の山頂を踏むルートもあるのですが、山頂は明朝に残しておいて、巻道で山荘に下ります。

12:28、展望があるうちに山荘に到着することが出来ました。

一昨年の雪害で建物が損傷して営業を休み、昨夏リニューアルオープンした小屋で、とても綺麗です。

内蔵助山荘

到着直後はガスがかかり展望は今ひとつでしたが、ビールを飲んでノンビリしていたら視界も開けてきました。

この山荘の売りは後立山方面の展望です。

黒部湖を挟んで対岸の針ノ木岳、蓮華岳、赤沢岳(右から)

山荘前から針ノ木・蓮華・赤沢


爺ヶ岳(右)と鹿島槍ヶ岳(左) 見慣れた双耳峰と違う鹿島槍がとても新鮮に映ります。

爺ヶ岳と鹿島槍


岳人の憧れ、八ツ峰。  ドラ吉には無縁ですが、見ているだけで興奮してしまいます。

剱と八峰


眼下には長大な真砂沢雪渓、天気予報が外れて素晴らしい景色を堪能でき、最高に気持ちの良い午後を過ごすことが出来ました。

真砂沢雪渓


小屋泊まりの楽しみは食事。

アジフライ、薊の葉とかぼちゃの天麩羅、根菜の煮付け、長芋の酢の物、香の物、そしてなめこの味噌汁。
大変美味しゅうございました。

夕飯


結局今日一日天気は持って、雨が降ることはありませんでした。

明日の予報は終日晴れ。

真砂岳山頂でご来光を拝み、盟主雄山の山頂でお祓いを受け、浄土山まで縦走する予定です。

鹿島槍、五竜、唐松の姿をしかり見届けて、早めに床につきました。

鹿島槍・五竜・唐松


<本日のデータ>


行動時間4時間17分
歩行距離7km
最大標高差667m
獲得標高上り 749m
下り 427m













今日の花図鑑


ミヤマホツツジ
ミヤマホツツジ

ミヤマアキノキリンソウ
ミヤマアキノキリンソウ

ウサギギク
ウサギギク

ミヤマリンドウ
ミヤマリンドウ

オヤマリンドウ
オヤマリンドウ

イワギキョウ
イワギキョウ

トウヤクリンドウ
トウヤクリンドウ


その2に続く
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR