fc2ブログ

猫魔ヶ岳・磐梯山(2012.6.30)

表紙


このところ野暮用があり、加えて梅雨空で山に行けない日々が続いていました。

久しぶりに時間が取れる週末、好天予報に背中を押されて、以前から温めていた計画を実行することにしました。

猫魔ヶ岳とニッコウキスゲに彩られた雄国沼、それに磐梯山を加えた欲張りな計画です。



<日程>  2012年6月30日(土)   晴れ   ドラ吉単独

<ルート図>








(雄国湿原でGPSの操作を誤り、追尾が停止されてしまい、ログが分割されてしまいました)



<行程>

八方台駐車場(4:50)→猫魔ヶ岳(5:36-5:40)→猫石(5:55-5:57)→雄国沼休憩舎(6:47-6:56)→湿原入口(7:10)→湿原周回→湿原入口(7:30)→金沢峠(7:36-7:38)→猫石分岐(8:50)→猫魔ヶ岳(9:09-9:13)→八方台駐車場(9:49-10:00)→中ノ湯跡(10:23)→(休憩11:08-11:13)→弘法清水(11:46-11:52)→磐梯山(12:22-12:32)→弘法清水(12:48)→中ノ湯跡(13:40)→八方台駐車場(13:56)



猪苗代・磐梯山エリアはオートキャンプや旅行、ハイキング、それにスノーシュートレッキングと過去何度も訪れているのですが、磐梯山は未登でした。予ねて宿泊したペンションに貼られていた満開のニッコウキスゲに彩られた雄国沼も気になっていました。

八方台をベースにすれば両方楽しめそう、土曜日は一日晴れの予報、4週間ぶりの山行です。


自宅を21:00に出て八方台駐車場に到着したのは0:35。 先着車は4台でした。
尚、ゴールドラインは昨年に続き今年も無料開放されていて夜間も通行可能です。

車中泊をとり、4:50に行動を開始しました。


八方台駐車場1



休憩舎の左奥から始まる登山道はなだらかで、朝一番のペース合わせにはぴったりです。

5月24日に駐車場付近で熊が目撃されたとの張り紙があり、熊鈴を意識して鳴らします。

徐々に高度を上げていくと、左手の視界が開け、猪苗代湖が姿を現しました。

振返れば逆光の中、磐梯山がすそ野を広げています。


朝の猪苗代湖


朝の磐梯山



登山道はあまり手が入っていなく、笹が登山道を覆い、夜露でタイツはもちろん、シャツやザックもかなり濡れてしまいました。ドラ吉が今朝のトップランナーだったようで、蜘蛛の巣にも何回も引っかかってしまいました。

それでも目指すピークが眼前に広がると気分も高揚してきます。


猫魔ヶ岳
猫魔ヶ岳の雄姿


静かな山頂、雲海越しに西吾妻山がよく見えていました。


猫魔ヶ岳山頂


雲海越の西吾妻山


山頂から一旦下り登り返すと「猫石」が鎮座しています。

ドラ吉にはどう見ても「猫」には見えないのですが、皆さん如何ですか?


猫石


猫石からの展望は素晴らしく、眼下には雄国沼が静かに横たわっています。

右端のなだらかな山が雄国山です。


雄国沼と雄国山


猫石から雄国沼へはいくつかの小沢を越えて、しっとりとした登山道を辿ります。

足許の可愛い花が目を楽しませてくれます。


クルマバソウ1
クルマバソウ

ユキザサ
ユキザサ


静かな登山道の単独行、ちょっと寂しくなった頃、漸く雄国沼の畔に出ました。


雄国沼の畔に出た


樹林帯が切れ、明るい湖畔の遊歩道、朝露に濡れたタニウツギのピンクが唯一華やかさを醸し出していました。


朝露に濡れるタニウツギ


遊歩道沿いにはウラジロヨウラクも目立ちます。

よく見ると花が微妙に異なる株があります。

萼片が長いのです。 帰宅後図鑑で調べたらどうやらガクウラジロヨウラクのようです。

日本海側の多雪山地や高山に多く、主に太平洋側に分布するウラジロヨウラクと微妙に住み分けているようですが、近くに普通のウラジロヨウラクも多見されるので、どうなんでしょうか。


ガクウラジロヨウラク
ガクウラジロヨウラク?

ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク


風もほとんどなく、水面は鏡のようです。 


静かな雄国沼


八方台から2時間で雄国沼休憩舎に到着しました。 トイレもある立派な施設です。

ここで初めて登山者と遭遇しました。 雄子沢登山口から登ってきた方でした。

バナナを食べてエネルギーを補給、今日の目玉の雄国沼湿原に向かいます。


休憩舎


遊歩道の縁にも可愛らしい花が咲いています。 ホウチャクソウは初めて見ました。


コケイラン1
コケイラン

ホウチャクソウ
ホウチャクソウ


正面に湿原が見えてきました。


湿原が見えてきた


湿原入口の表示、木道は一方通行で反時計回りに周回します。


湿原入口


ニッコウキスゲの満開には少し早いようですが、一面の黄色にはるばる来た甲斐がありました。


一面のニッコウキスゲ


美人のニッコウキスゲです。

ニッコウキスゲ


観光客の到着にはまだ早く、静かな湿原です。
(カエルとエゾハルゼミの鳴き声は賑やかですが・・・・・・)

それでも大型の三脚に一眼レフをセットして撮影に没頭しているカメラマンのグループもいました。


木道


湿原の脇役のワタスゲとコバイケイソウ。

今年のコバイケイソウははずれ年、開花は全くありません。

ワタスゲ
ワタスゲ

コバイケイソウ
コバイケイソウ


沼の奥に西吾妻山が聳えていました。


沼の奥に西吾妻山


湿原散歩を終えて金沢峠に向かいます。

峠にはシャトルバスが到着していて、ハイカーや観光客で賑わっていました。

峠の展望台からの眺望。 正面の猫魔ヶ岳の奥に磐梯山の山頂がチョコッと見えています。


金沢峠から磐梯山


反対側には残雪の飯豊の山々を見ることが出来ました。

それにしても良い天気です。

金沢峠から残雪の飯豊連峰


金沢峠から反時計回りに雄国沼を回って、猫魔ヶ岳に戻ります。

最初は立派な林道を行きます。 ドラ吉以外こちらに向かう人はいませんでした。


林道を行く


林道沿いもガクウラジロヨウラクをよく見かけました。


ガクウラジロヨウラク2


ゲートを越えて登山道(?)に入ります。

踏み跡はありますが、草が生い茂りとても歩きにくい道です。


ゲートを越えて


途中、猫石を見ることが出来ました。

左のピークの尖がりが猫石、右のピークは猫魔ヶ岳です。


猫石が見える


この辺り、大きく美形のマイヅルソウが沢山ありました。

マイヅルソウ


猫石手前の分岐を経て猫魔ヶ岳に戻ってきました。

往路の山頂とは大違い、沢山の登山者が休みをとっていました。

雲海もなくなり、桧原湖もよく見えています。

ただし、磐梯山は雲の中、これから八方台に戻って磐梯山に登り返す気持ちが萎えてしまいました。


猫魔ヶ岳山頂から桧原湖と西吾妻山


猫魔ヶ岳からの下山道では多くの登山者とすれ違いました。

若い登山者、特に女性のグループが目立ちました。

出発してから丁度5時間で八方台に戻ってきました。

観光バスも含め、駐車場は満車、ゴールドラインの路上駐車もかなりありました。

ここでトイレ休憩と軽い食事をとって、磐梯山に向かいます。


八方台駐車場2


磐梯山登山口、大きな「クマ」の文字が気になります。


磐梯山登山口


中ノ湯跡までは緩やかな登山道を辿ります。


なだらかな登山道


硫黄の匂いがしてきて中ノ湯に到着しました。


中ノ湯跡


登山道脇の小穴から音を上げて温泉が湧き出しています。


温泉


小さな湿原がミツガシワで覆われていました。


ミツガシワ


中ノ湯跡を過ぎると本格的な登山道が始まります。


本格的な登山道が始まる


途中何ヶ所か左側の視界が開ける場所があり、素晴らしい景色を見ることが出来ます。

西吾妻山と小野川湖(左)、秋元湖(右)


西吾妻山と小野川湖、秋元湖


赤錆色の銅沼(あかぬま)、3年前の冬に凍結した銅沼をスノーシューで渡ったことがあります。


銅沼


ここも可愛い花が疲れを癒してくれます。


ツマトリソウ
ツマトリソウ

クルマバソウ2
クルマバソウ

コケイラン2
コケイラン


飯豊連峰、いつかは登ってみたい憧れの山です。


飯豊連峰


グランデコスノーリゾートのゲレンデ、蝶型がひときわ目を引きます。

やはり三年前の冬、ゲレンデトップからスノーシューで山頂を目指した楽しい思い出があります。


グランデコスノーリゾート


弘法清水へはお花畑経由で向かいましょう。


お花畑へ


お花の種類は少なく、黄色のミヤマキンバイばかりが目立っていました。


ミヤマキンバイ


よく見るとグンナイフウロもありましたが、磐梯山固有種のバンダイクワガタソウにはお目にかかることはできませんでした。


グンナイフウロ


ここまで来てやっと山頂を仰ぎ見ることが出来ました。


山頂を仰ぎ見る


見下ろすと火口原と湖沼群が目を楽しませてくれます。


火口原と湖沼群


本峰と対峙する櫛ヶ峰、火口壁が荒々しい。


櫛ヶ峰


天気が良く、安達太良山の乳首も遠望することが出来ました。


安達太良山


弘法清水が近づくと子供の声で賑やかでした。

次から次と山頂から下って来ます。 どうやら学校登山のようです。

小屋前の広場で一本立て、山頂に挑みます。


弘法清水小屋


途中小学生との擦れ違いで待ち時間がありましたが、疲労困憊のドラ吉にはかえって有難かったです。

最後のザレた急登を登りきると360度の大展望が広がっていました。

素晴らしい展望に疲れも吹き飛びます。


山頂と猪苗代湖
猪苗代方面


飯豊方面
飯豊方面


西吾妻方面
西吾妻山方面


安達太良山方面
安達太良山方面


梅雨の合間の忙しい山行でしたが、欲張った甲斐がありました。

素晴らしい展望とお花たち、山の楽しみを満喫することが出来ました。

間もなく夏山シーズンの幕開け、山行計画作りに忙しいドラ吉です。



スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【猫魔ヶ岳・磐梯山(2012.6.30)】

このところ野暮用があり、加えて梅雨空で山に行けない日々が続いていました。久しぶりに時間が取れる週末、好天予報に背中を押されて、以前から温めていた計画を実行することにしま...

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR