fc2ブログ

三頭山(2012.4.28)

麦山浮橋



寝たきり老犬の介護のため、外出も儘ならないポチを置いて、山へ行くことの後ろめたさが募りますが、新緑のシャワーを浴びたいとの誘惑に勝てず、GW前半の好天を口実に奥多摩に向かうことにしました。

今回向かったのは三頭山、その名の通り三つの頂上(西峰1527m 中央峰1531m 東峰1528m)を持ち、奥多摩三山(大岳山・御前山・三頭山)の中で最奥に位置する山です。



<日程>  2012年4月28日(土)  晴れ    ドラ吉単独


<ルート図>





<行程>

峰谷橋バス停(9:20)→イヨ山(10:34-10:40)→ヌカザス山(11:23-11:31)→三頭山西峰(12:42-12:54)→中央峰(13:00)→東峰(13:01-13:05)→鞘口峠(13:37)→都民の森バス停(13:53)



三頭山に登るルートはいくつかありますが、都民の森バス停からのピストンがポピュラーなようです。
一帯は森林公園として整備され、標高差も540mほどで格好のハイキングコースとなっています。

ドラ吉はもう少しガッツリ歩きたかったのと、雲取山の登山口である鴨沢に向かう途中目にした、奥多摩湖に浮かぶドラム缶橋を渡りたかったので、奥多摩湖畔~山頂~都民の森のルートを取ることにしました。

このルート、登り1000m 降り540m(コースタイム 5:40)となり、逆行の登り540m 降り1000m(コースタイム 4:15)と比べキツイのですが、下山時のバスが3便あり(因みに逆行ルートは1便)、時間に縛られず余裕を持って歩けると判断しました。


いつもの中央線・青梅線で奥多摩駅に着いたのは8:28、流石に連休初日、改札を出た沢山の登山者が目指す山行きのバスに向かって走ります。

今日は駅前広場に警視庁山岳警備隊のユニフォームを着た警察官が沢山出て、安全登山のチラシを配っていました。

鴨沢西行のバスに乗り、峰谷橋バス停で降車しました。一つ先の小河内神社バス停が登山口最寄なのですが、トイレは峰谷橋手前の駐車場にしかありません、

身支度を整え、真っ赤な峰谷橋を渡って、300mほど先の奥多摩湖に向かいます。


峰谷橋


湖に浮かぶ麦山浮橋を渡って対岸に向かいます。
曾てはドラム缶を浮子に使っていたので、通称「ドラム缶橋」と呼ばれていますが、今はポリエチレンの浮子が使われています。


対岸へ


渡った先は新緑のトンネル、気持ちの良い山行のスタートです。


新緑


さすが山里、道路端の桜もまだ散り始めで、ちらほら花弁が舞う優雅な風景、心が癒されます。


さくら


いよいよ登山口の登場、尾根に取付くまで急登が続きます。


登山口


このルート、この時期意外と花が少なかったのですが、トウゴクミツバツツジがポツン、ポツンと咲いていてアクセントになっていました。


トウゴクミツバツツジ



スタートして1:10ほどで最初のピーク、イヨ山に到着しました。今日は気温も高く早くも汗びっしょり。
それでも時折吹く爽やかな風が心地よさを与えてくれます。

眼下には奥多摩湖の青い水面も見えています。


イヨ山


ここからはヌカザス尾根を辿り、高度を稼ぎます。

やせ尾根では神経を使います。


明るい痩せ尾根


だんだんペースがあがり、先行者を追い越し、コースタイムの半分の時間で無人のヌカザス山山頂に到着。

餡ドーナツでエネルギーを補給します。

ヌカザス山


虎ロープの助けを借りなければ登れないほど急なオツネノ泣き坂を越え、入小沢ノ峰を過ぎると、ブナの大木が目立つようになりました。

残念ながら芽吹いたばかりで、「新緑のシャワー」を浴びるには少し早かったようです。

ブナの大木


いかにも奥多摩らしい馬酔木のトンネル、花の時期はさぞや見事なことでしょう。


馬酔木のトンネル

登山道は鶴峠に下る道を右に分け、三頭山を目指します。

明るい気持ちの良い尾根です。

ヌカザス尾根を行く


やがて、三頭山中央峰と西峰を分ける御堂峠に到着、先ずは西峰に向かいます。


御堂峠


丸太の階段の先に西峰山頂が見えて来ました。


西峰へ


12:42西峰山頂に到着、沢山の人で賑わっていました。 特に若い人のグループが目立っていました。


西峰山頂


西峰は富士山の展望台として人気の山頂ですが・・・・・・。


山頂の案内板


この日は霞んでいて、手前の三つ峠山を見るのが精一杯でした、残念!


今日の映像


一旦御堂峠に戻って中央峰に登り返します。
中央峰のピークは西峰に比べずっと狭いのですが、テーブルが設置されていて、沢山の登山者が休憩を取っていました。

中央峰へ

中央峰からものの一分ほどで東峰山頂です。 ここには展望台があり、東面の山々がよく見えていました。

左から御前山、大岳山、馬頭刈山です。


東峰の展望台から


さあ、ここからは鞘口峠を目指して一気に400mほど下ります。

九十九折れの道をストックを利かせて下ります。


九十九折れの登山道を下る


この辺りの登山道は「ブナの道」と名付けられているだけあって、枝振りも見事な巨木が目立ちます。


ブナの道の巨木


都民の森は登山道と遊歩道が交錯していて、道迷いしてしまいそうです。


三頭山案内図


予定より早くバス停まで下山することが出来、2:11発の臨時バスに乗ることが出来ました。

気持ちの良い山行でしたが、ブナの新緑にはやや早く、少し欲求不満がたまってしまいました。

明日も好天の予報、さあどこに行こうかな。

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【三頭山(2012.4.28)】

寝たきり老犬の介護のため、外出も儘ならないポチを置いて、山へ行くことの後ろめたさが募りますが、新緑のシャワーを浴びたいとの誘惑に勝てず、GW前半の好天を口実に奥多摩に向かうことにしました。今回向かったのは三頭山、その名の通り三つの頂上(西峰1527m 中央峰1...

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR