fc2ブログ

裏銀座漫遊(2009.9.18-22)その2

カールの姿


三俣山荘のテン場から黒部五郎岳を往復します。


三日目(三俣山荘テン場⇔黒部五郎岳)


2009.9.20

三俣山荘テン場(5:30)→黒部五郎小舎(7:33-7:46)→黒部五郎岳山頂(10:15-10:42)→黒部五郎小舎(12:32-13:13)→三俣山荘テン場(15:40)


今日は三俣蓮華岳の巻道を使って黒部五郎岳を往復します。サブザックの軽さが背中に羽が生えたようです。

テン場を出てしばらく行くと分岐があり、右方向の巻道に進路をとります。

背中から朝日が差し込み、小さな雪渓に私たちの長い影が映ります。

高度を上げると五郎のカールにも朝日が当たり始めました。奥には白山も見えます。


巻き道の小雪渓  五郎のカールに朝日・奥に白山


左から三俣蓮華岳からの道を合わせ稜線に出ます。結構強い風が吹いていて慎重に進みます。

左手の笠ガ岳のトンガリ具合が魅力的です。 黒部五郎から北ノ俣岳に至るなだらかな稜線もいつの日か歩いてみ
たいです。


笠の姿  五郎と北ノ俣




かなり急降下して、黒部五郎小舎に到着しました。

黒部五郎小舎


ここからはカールの中の道を進み、山頂を経て反時計回りに一周してまた小舎に戻ります。


カールの道1  ベニバナイチゴの実


チングルマもすっかり紅葉しています。


チングルマの紅葉




羊背岩がゴロゴロする独特の景観です。


カールの道2  カールの道3


山頂直下の雪渓も9月のこの時期すっかり小さくなっていましたが、最高に美味しい水を供給してくれていました。


RIMG0181.jpg


雪渓を越えてカールの側面をジグザグを切って登っていくと黒部五郎の肩に至ります。ここには沢山のザックがデポしてあり、折立方面からの入山者がここから山頂を往復しています。

10:15 山頂に到着しました。  


黒部五郎山頂


山頂からの素晴らしい景色です。



五郎山頂から笠・乗鞍・御嶽
笠・乗鞍・御嶽



五郎山頂から槍穂
槍穂



五郎山頂から白山
白山


ゆっくり360度の展望を満喫したので、そろそろ稜線ルートで五郎小舎に降ります。このコースは山と高原地図では破線ルートになっています。結構な岩場があったり、ルートの分かりづらいところもありますが、カールを俯瞰する楽しいコースです。


五郎小舎へ降りる1  五郎小舎へ降りる2

カールの姿


五郎のテン場が見えるところまで降りて来ました。この辺りはチングルマの大きな群生地があります。


五郎のテン場  チングルマの綿毛


五郎小舎で親子丼を食べてテン場に戻ります。



薬師岳がどっしりと大きく聳えています。 来年は立山~薬師岳の縦走を夏山のメインにしたいです。

黒部川の源流域です。  明日はあそこを歩きます。



三俣山荘への帰路・薬師  三俣山荘への帰路・黒部源流域



テン場が見えて来ました。  もうすぐビールが飲める、・・・・、このときはそう思っていました。

とんでもない事態が待っていたのです。


三俣テン場へ帰還


15:40 無事テン場に戻りました。ずいぶんテントの数が増えているなと思いながら山荘までビールを買いに行くと山荘前に長蛇の列ができていました。 なんだろうと思って聞いてみると宿泊の受付待ちのの列、とのこと。1時間待っても受付が済まないと嘆いている人もいました。土曜日から山に入った人々が2日かけて三俣に押し寄せてきたのです。

何とかビールを仕入れてテントに戻ると、テン場にも次から次へと登山者が押し寄せてきます。テントを張る場所もなくなり、皆で協力して場所を少しずつ移動して、新参者にスペースを提供します。

山荘では夕食は8回戦とのこと。 山荘内に持ち込めるのは貴重品だけで、ザックは山荘前に山積みにしてブルーシートを掛けていました。 なんかすごいことになっています。  





その3に続く




















  








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR