fc2ブログ

筑波山・湯袋道(2012.4.22)

表紙カタクリ

スマートフォンのGPSの機能検証を兼ねて、裏筑波に行って来ました。

用事があったり、悪天候だったりで50日ぶりの山行です。


ニリンソウとカタクリとスミレ、春のハイキングを楽しむことが出来ました。
2012年4月22日(日)    曇り    ドラ吉単独

<行程> 登山口(6:52)→キャンプ場(7:42-7:45)→女体山(8:23)→御幸ヶ原(8:34-8:40)→
     ユースホステル跡(8:58)→キャンプ場(9:17)→登山口(9:49)


午後には雨の可能性もある天気予報、早めの行動で自宅を5:30に出て、登山口到着は6:40でした。


今日の山行の第一の目的は先般購入したスマホのGPSの有効性の検証です。


使用機種:Xperia acro SO-03D
使用アプリ:山旅ロガーGOLD,地図ロイド

事前にこの山域の地図データのキャッシュをSDカード保存し、行動中は電池の消耗を防ぐため通信機能を切って(機内モード)、本体はザックの雨蓋の中に入れて山行を開始しました。


登山口から沢沿いを歩き始めて間もなく、早速ニリンソウが可憐な姿を見せてくれました。


ニリンソウ


ニリンソウ群落


もともと湯袋道は登山者が少ないのですが、今朝はスタートが早いせいで誰もいません。

林床にはエンレイソウやマムシグサも顔を見せていました。


エンレイソウ


マムシグサ


登山道脇には春の使者、スミレやネコノメソウも小さな花を咲かせています。


タチツボスミレ
タチツボスミレ


ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン


ヒゴスミレ
ヒゴスミレ


ヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ



50分程でキャンプ場に到着、楽しみにしていたカタクリの登場です。


カタクリ1


カタクリ2


早朝で日差しがないため、どの花も俯いたままですが、それでも十分に楽しませてもらいました。

キャンプ場から女体山に至る登山道脇も沢山のカタクリで見事です。


登り始めて1:30で女体山山頂に到着しましたが、ガスに煙っていて展望はありませんでした。


ガスに煙る山頂


始発のケーブルカーもまだ到着しておらず、御幸ヶ原も閑散としていました。


御幸ヶ原


長居は無用と、ユースホステル跡経由で下山します。


御幸ヶ原の水道施設の工事の為、登山道には工事車両の無限軌道跡が刻まれ、興ざめです。


興ざめ



スピードアップして、3時間でスタート地点に還って来ました。



さて、GPS機能はどうだったでしょう。


ログ


うす暗い杉の植林帯も含め、一覧したところトラックと登山道のずれはそれほどありません。
蛇行する林道もしっかりトレースしています。

問題の電池の消費ですが、スタート時点の電池残量は満タンの95%でした。
3時間の山行を終えて測定終了時点の残量は81%、1時間当たりおよそ5%の消費です。
残量20%まで使うとしてフル充電で16時間の使用が可能です。
補助電池(モバイル電池パック:80%位の充電が可能で、重量は80g)を持参すればいざという時の通信余力を考えても2泊3日程度の山行でも利用できそうです。

今日は30m毎に測位する設定にしましたが、50m毎の測位にすればさらに電池消費は抑えられます。
思っていた以上にこれは使えそうです。



Yahooが提供する「ルートラボ」のサービスと連携すると今日の山行をアニメで表示することが出来ます。
地図下部の三角矢印をクリックしてみてください。





これはなかなか楽しいですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR