fc2ブログ

根子岳・東篭ノ塔山スノーハイキング(2012.2.11-12)

表紙


BAKUさんの雪山企画に参加して、上信国境の山でスノーシューハイキングを楽しんできました。

軽井沢のリゾートマンションをベースに、一泊二日で二つの山を歩く計画、当初は四阿山と黒斑山の予定でしたが、週初の雨と暖気で弱層が出来ていて、雪崩のリスクが高そうとの判断で、初日は根子岳、翌日は東篭ノ塔山に計画を変更しました。














一日目(奥ダボススノーパーク⇔根子岳)


2012.2.11(祝)  曇りのち晴れ


<同行者> BAKUさん、HIBARIさん、しげぴーさん、よっしーさん、やっちゃんさん、まゆさん


<ルート> 奥ダボススノーパーク第一リフト終点から根子岳ピストン


4:30にBAKUさんに拙宅まで迎えに来ていただき、集合場所の菅平のコンビニに向かいます。

関越道で六重衝突の事故渋滞で多少のロスタイムが有りましたが、集合時間の8:30にはお目当てのコンビニに到着することが出来ました。 菅平は雪模様でした。

暫くして、よっしーさんから電話が入り、関越道の渋滞で遅れるとのこと、しばしの休息タイムとします。

2時間遅れで4人が到着、この間に雪もすっかり止み、結果オーライとなりました。

奥ダボススノーパークに移動し、装備を整えて11:00にハイキング開始です。

スタートが遅れたので、14:00を登頂の限度と設定しました。

@500円の一回券を購入して、第一トリプルリフトでゲレンデトップまで一気に上がります。

そこにはスノーキャット(大型雪上車)が待機していました。

@3,300円で3km先の根子岳山頂手前まで行くことが出来ます。



スノーキャット


我々には雪上車は無縁、ザックにスノーシューとソリを括り付けて、ノンビリ緩斜面を登って行きます。


山頂目指して


雲の動きは激しく、時折ガスに巻かれます。


ガスの中


緩斜面、急斜面を何度か繰り返し高度を上げていくと、やがて樹氷原に到達しました。

ゴジラその物のモンスターの出現です。


樹氷1


樹氷2



ガスも切れ始め、樹氷の先にうっすらと槍穂の稜線も見え始めました。

槍の尖がりが見えると、アドレナリンが湧いてきます。


かすかに槍穂


山頂方向はすっかり青空が広がって来ました。

あと20分ほどで山頂に行けるのですが、設定時間も迫ってきたので、ここでランチタイムとして山頂は断念しました。

青空


下りはソリを楽しみます。

さすがに緩斜面ではソリも走りませんが、いくつかある急斜面では楽しむことが出来ました。

振り返ると根子岳のなだらかな山頂が良く見えています。


山頂が見える


更に下ると、根子岳の右肩に四阿山の山頂も顔を出してきました。


左:根子岳、右:四阿山


リフト越しに浅間山も真っ白い優美な姿を見せていました。


浅間と前掛山


今日の雪遊びもいよいよフィナーレ、正面に八ヶ岳・蓼科山を見据えてゲレンデを下ります。

山頂には至りませんでしたが、展望もまずまずで、楽しいスノーハイキングを堪能することが出来ました。


八ヶ岳に向かって

下山後は途中のスーパーマーケットで買出しをして、マンションに急ぎます。

今晩は豆乳鍋がメイン、お酒もたっぷり買い込み、11時過ぎまで楽しい時間を過ごしました。






二日目(湯の丸スキー場⇔東篭ノ塔山)


2012.2.12(日) 小雪のち晴れ


<ルート> 湯の丸スキー場第六ゲレンデリフト終点から東篭ノ塔山ピストン


一夜明けて今日も天気はまずまず、登山口の地蔵峠・湯の丸スキー場に移動します。

一番奥の第六ゲレンデ駐車場に車を停めて出発の準備をします。

今日もリフトでゲレンデトップまで一気に上がります。(@500円)

今日は最初からスンーシューを履いて行動開始です。

何度かショートカットしながら林道を詰めて行きます。


ゲレンデトップから林道へ


やがて東篭ノ塔山山頂に向かう夏道に合流します。


ラッセルを危惧していましたが、しっかりトレースも有り楽々ハイキングでした。




夏道を行く



樹林帯を抜けて森林限界を越えると、一気に風が強まり緊張します。


山頂は強風が吹いて,耐風姿勢を強いられました。

山頂標識の奥に見えているのは水ノ塔山です。

残念ながら、浅間山の姿を見ることは出来ませんでした。


東篭ノ塔山頂標識


風も強く展望も今一で長居は無用、早々に下山を開始しました。

それでも三方ヶ峰火山の火口原に広がる高層湿原である池の平湿原の姿は、はっきり認めることが出来ました。


池の平


途中、樹林帯の中ではソリ遊びを楽しみ、昼食も済ませて林道まで戻ってきました。

カーブミラーで自分撮りです。


自分撮り


林道まで下ってくると天候もすっかり回復し、東篭ノ塔山頂も晴れ渡っていました。

途中の斜面で弱層チェックの講習もしてもらい、楽しく且つ有益なハイキングでした。


東篭ノ塔山頂


向いの湯の丸山もくっきり姿を現していました。

今度は湯の丸山にも行ってみましょう。


湯の丸山に向かって下る


やはりスノーハイキングは楽しいな、BAKUさん素晴らしい企画、有難うございました。

ご一緒していただいた皆さん、次の機会もよろしくお願いします。
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR