fc2ブログ

積雪期赤岳(2012.1.21-22)

表紙

ドラ吉の雪山ピークハントは2010.3の谷川岳、2010.5の奥大日、そして昨年1月及び5月の蝶ヶ岳。

BAKUさんの手ほどきを受けて、段階を踏んでステップアップしてきました。

真っ白な山頂からの360°の大展望、その魅力に惹かれより高い山に登りたいとの思いが芽生えてきました。

そのためにはアイゼン歩行術とピッケルワークをしっかり体得する必要があります。

今回、ミキヤツ登山教室の「赤岳登頂と初級雪山教室」に参加して来ました。





一日目(美濃戸登山口→赤岳鉱泉)



<ルート図>

ルート図


2012年1月21日(土)  曇りのち小雪



<同行者> 加藤ガイド、種村ガイド、ゲスト(男性2名、女性1名)


<行程>  美濃戸登山口(10:30)→赤岳鉱泉(12:40)



集合時間は美濃戸口に9:30、普通に走れば柏から3時間の距離ですが、南岸低気圧の通過により前日から関東甲信の山沿いは雪が降っており、中央高速の相模湖-大月間の通行状況に不安があるため、5:00に柏を出ました。

除雪車が入っている為、笹子トンネル渋滞5kmの表示が出ていましたが、渋滞に合うことも無く順調で、甲府盆地に入ると小雨となり、時間をもてあますことになりました。

途中、双葉SAで時間調整をして小淵沢ICで高速を出ると、鉢巻道路はしっかり雪が積もっており、先週買い換えたばかりのBSのBLIZZAKが早速威力を発揮してくれました。

美濃戸口の八ヶ岳山荘で、加藤ガイド始め今回ご一緒する面々と落ちあい、加藤ガイドの4WDで林道をワープして美濃戸の赤岳山荘の駐車場に移動します。

車から荷物を降ろして身支度を整えていると、「アッ、カモシカ!」と誰かが声を上げました。
見るとドラ吉の目の前5m位先に黒く動くものがいます。慌ててカメラを向けましたが、残念ながらお尻しか撮影することが出来ませんでした。カモシカです、それもかなり大きい成獣です。
ドラ吉、熊やオコジョには遭遇したことはありますが、カモシカは初めて。以前から一度お目にかかりたいと思っていたので、幸先の良いスタートとなりました。


カモシカ


10:30、美濃戸山荘で最後のトイレを済ませ、赤岳鉱泉に向かいます。
服装はインナーに下はタイツとフリースのミドルとアウター、上はアウターのみ。

汗をかかないようにと注意を受けますが、気温が高く加えて歩行スピードが速いので、すぐに額から汗が垂れて来ます。
堪らず林道からショートカット道に下りる所で、アウターの上着とビーニーを脱ぎました。(上半身はインナー一枚です)


美濃戸山荘


今年の八ヶ岳は例年になく雪が少なかったのですが、一昨日からの降雪で登山道はしっかり雪が積もっていました。アイゼンは装着せず、キックステップでステップをきりながらの歩行を指導されました。

堰堤前でも休息せず、歩く、歩く、写真を撮る隙もありません。
あっという間に赤岳鉱泉に到着です。 「アイスキャンディー」がブルーに光っています。


いきなり赤岳鉱泉


この週末はそれほど混んでいないとのことで、6名で「くろゆり」をあてがわれました。
10名は入れそうな部屋でゆっくり出来ます。暖房もしっかり効いていてぬくぬく、以前宿泊した本沢温泉とは大違いです。昼食を済ませて、アイゼン・ピッケルの訓練を受講します。

講習会場は「アイスキャンディー」脇に作られた高さ3mほどの氷の斜面。
雪では誤魔化しができても、氷では正確な歩行術がないと歩けないの、ここでみっちり訓練します。


アイゼン訓練1


フラットフィッティング、フロントポインティング、トラバース、方向転換、重心移動。
時間をかけてたっぷり練習します。


アイゼン訓練2


後半はピッケルワーク、握り方から始まり、使用方法をこれもまたたっぷり訓練します。
小雪が舞い、寒くなってきましたが、皆さん必至で頑張ります。


アイゼン訓練3


結局13:40から17:00まで、3時間を超える講習となりました。
無意識で正確な歩行が出来るまでには至りませんが、多少は意識して動けるようになりました。


アイゼン訓練4

部屋に戻り明日の登頂の荷物の準備。不必要なものはすべて置いていく様に指示されます。

持って行くのはヘッ電、テルモス、若干の行動食、換えの靴下・手袋、中間着。
とにかく軽くすること。アイゼンケースやスリングも置いていく様に言われました。


今回の楽しみの一つは赤岳鉱泉の豪華な食事。今日のメニューはステーキです。

ガイドさんからワインを差し入れていただき、上機嫌のドラ吉です。


夕食


食後は部屋に戻り、ガイドさんを囲んで談笑タイム。

加藤ガイドからはギア類の選び方や最近の話題。
先週はBSフジ「絶景百名山」の撮影で、黒百合ヒュッテとしらびそ小屋に泊まって、俳優の小野寺昭さんのガイドをして天狗に登ったとのこと。カメラマンはなんとピオレドール受賞の平出さん、放映は2月10日(金)22:00-23:00です。

種村ガイドはシャモニーにも家があり、春からはモンブラン始めヨーロッパアルプスでガイドをされています。
氷河や名峰の話題で盛り上げてくださいました。






二日目(赤岳鉱泉→地蔵尾根→地蔵の頭→赤岳山頂→文三郎尾根→行者小屋→赤岳鉱泉→美濃戸)


2012年1月22日(日)   晴れ


<行程>

赤岳鉱泉(7:35)→行者小屋(8:12)→地蔵の頭(10:17)→赤岳山頂(11:28-11:40)→行者小屋(12:45-12:55)→赤岳鉱泉(13:20-14:20)→美濃戸(15:21)



5:40起床、雪は止んでいました。

朝食は6:30から先着順、今日のメインは鯖の塩焼き、脂が乗って美味しかったです。


朝食

談話室の窓から、小屋の屋根越しに大同心がくっきり見えています、天気は良さそうです。

生まれて初めてのハーネスを装着して、小屋前に集合します。


大同心


小屋の玄関先から、これから挑む赤岳山頂を仰ぎ見ることが出来、気分が高揚してきました。


赤岳山頂が見える1

赤岳山頂が見える2


夜の間に30-40cmさらに積もったようで、恐らく文三郎は不安定だろうとの判断で、当初予定していた地蔵→山頂→文三郎のルートを変更し、地蔵ピストンとしました。

風も無く、ドラ吉には暑すぎる陽気で行者までの樹林歩きで、ミドルを脱いでいても汗をかいてしまいました。
行者小屋で休憩を取ることも無く、地蔵尾根に取り付きます。

新雪のお蔭でラッセルを強いられます。ドラ吉と女性のIさんは先頭免除ですが、それでも一歩一歩足が埋まり苦しいハイクアップが続きます。途中アウターも脱ぎ、インナー一枚になりますが、それでも汗が出てきます。

森林限界を抜ける直前で、アイゼンを装着、ロープを繋ぎます。

加藤ガイドと若手男性2名、種村ガイドとIさんとドラ吉の組合せ。 ドラ吉がしんがりです。

地蔵の頭までの急斜面を昨日の講習内容を思い出しながら慎重に進みます。

横岳から硫黄への稜線や、振り返れば阿弥陀も素晴らしい姿を見せていますが、当然のことながらカメラを出すタイミングも無く、心のフィルムに焼き付けます。

それでも風も無く素晴らしい天気、肉体的にはキツイですが、最高の気分です。

行者から約二時間で地蔵の頭に到着しました。

やっとカメラを出して撮影することが出来ます。

横岳方面


地蔵の頭から横岳方面


阿弥陀岳  北稜を行くパーティーが見えました。


阿弥陀岳


天望荘の奥に聳える赤岳  手前は加藤ガイドのパーティー


天望荘手前


天望荘は冬季休業中、休憩は取らず一気に山頂に向かいます。(ああ、しんど!)


今日は風も無く煽られることもありませんが、雪面はクラストしており、昨日習った技術を駆使して徐々に高度を上げます。


頂上小屋が見えてきてもうひと頑張り、Iさんと励ましあいながら最後の力を振り絞ります。
(下りのことなど考えていられません!)

11:28、ついに山頂に到達しました! 3人でハイタッチです。
この写真は来年の年賀状の題材になるでしょう!

微風、360°の大展望です。


赤岳山頂にて

権現・編笠の奥に南アルプスのスカイライン、本当に良い天気です。


権現・編笠の奥に南アルプス


残念ながら富士山は、頭を雲の中に隠してしまいました。

山頂の気温は-3°もあります。


猪熊山岳気象予報士によると、

「ここ数日は暖かい亜熱帯高気圧がさらに強まり、冷たいシベリア高気圧が後退しました。この冷たい空気と暖かい空気が日本付近でぶつかり、上層で前線のようなものが形成され、これに対応して日本の南海上を次々と低気圧が通過していきました。このため、これまで乾燥した好天が続いていた太平洋側でぐずついた天気となり、関東地方など平野部では肌寒く感じるでしょうが、日本海側では高温、内陸では朝の気温が異常に高い状態が続いています。特に、上層に暖気が入っているので、高い山岳の高温が顕著です。」


富士山

山頂でガイドさん達が情報交換、各バリエーションにもいくつもパーティーが取り付いており、文三郎道も雪は落ち着いているとの判断で、予定を再度変更して文三郎を下ることにしました。

下降はドラ吉が先頭を切ります。
かなりパフパフ登山道ですが、いい調子で下ることが出来ます。
阿弥陀岳が正面に大きく聳えています。


文三郎道からの阿弥陀岳


霧ヶ峰、蓼科山も良く見えます。


文三郎道からの霧ヶ峰・蓼科山


振り返れば甲斐駒、仙丈。


文三郎道からの南アルプス


樹林帯に入り、傾斜が緩やかになったところでロープをはずし、行者小屋まで一気に降ります。

小屋前でアイゼンはずし、鉱泉までのラストスパートです。

13:20、およそ6時間の夢のような山行でした。

赤岳鉱泉で昼食休憩を取り、一時間後に登山口目指して下山することにしました。

小屋の中に、華やかな一群がいます。 モデルのKIKIさんとその仲間、KIKIさんはヤマケイJOY(現ワンダーホーゲル)で有名なモデル、プライベートでも頻繁に山を楽しんでいます。


鉱泉から見た赤岳。


赤岳鉱泉からの赤岳


テン場の奥に大同心。


赤岳鉱泉からの大同心


さあ、美濃戸目指して下山を開始します。

アイスキャンディーには今日も沢山の人がチャレンジしています。

アイスキャンディー


後ろ髪を引かれる思いで、ハイスピードで赤岳山荘を目指します。

ノンストップ、滑るように下ります。

ジャスト一時間ほどで、駐車場に帰着しました。


赤岳山荘に帰着・名残の阿弥陀岳


美濃戸の駐車場から阿弥陀岳に別れを告げます。
充実した二日間を過ごすことが出来ました。

今回の経験をを活かし、これからも安全な雪山山行を堪能したいと思います。

加藤ガイド、種村ガイド、お世話になりました。
同行のみなさん、またご一緒出来ることを楽しみにした居ります。

スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

早い・・・

鉱泉から赤岳周回の時間はいい感じです。
でも美濃戸から鉱泉間は目茶早いね。
もしかして休憩無しかな・・・

素晴らしいレポで臨場感が伝わってきました。
3月に又行きましょうか・・・???・・・
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR