fc2ブログ

筑波山・薬王院コース(2011.11.27)

表紙

久しぶりに筑波山に行って来ました。 1月15日以来、10ヶ月ぶりの筑波山です。

今回は桜川市椎尾の薬王院から上るコースです。
2011.11.27(日) 曇り  ドラ吉単独






<行程>

薬王院駐車場(7:47)→林道(8:20)→坊主山(8:51-8:52)→御幸ヶ原(9:11)→男体山(9:21-9:24)
→見晴台(9:34-9:40)→林道(10:14)→薬王院(10:38-10:44)→駐車場(10:48)


<ルート図>

ルート図


筑波山に向けて利根川の堤防沿いを進むと、素晴らしい朝焼けが広がっていました。


朝焼け




旧真壁町の椎尾山山腹の薬王院の駐車場に車を停めて、筑波山頂を目指します。

数ある筑波山登山道の中で、一番のロングコースです。

駐車場にはトイレがありませんので、途中のつくし湖畔の駐車場併設のトイレを利用してください。

駐車場から林道を進むと左手に薬王院仁王門が見えて来ます。


仁王門を左に見て

仁王門を過ぎると、墓地のところに登山口があります。


登山口


歩き始めて30分ほどで、林道を横切ります。


林道を横切る


林道から先は階段状の急登が続きます。 一体、何段あるのだろう、汗が止まりません。

帰途、段数を数えてみましょう。


階段道


急な階段が途切れ、標高が640mを越えると、それまでのアオキに代わって、ミヤマシキミの赤い実が目立つようになりました。



ミヤマシキミ


暫くゆったりとした登山道が続き、やがて坊主山(筑波隠し山)に向かう登山道の分岐が現れます。


のんびり登山道


坊主山を示す道標はありませんが、明確な踏み跡があり、不安はありません。


明瞭な踏み跡


すぐに、標高710mの坊主山山頂に着きました。 四等三角点がありますが、残念ながら展望はありません。

来た道を戻ります。


坊主山山頂


自然研究路経由、御幸ヶ原に到着しました。

未だ朝も早く、人もまばらです。  曇り空で展望もありませんでした。


御幸が原


折角ですから、男体山山頂位には寄って行きましょう。


男体山山頂


女体山もしっかり見ることが出来ました。


女体山


御幸ヶ原には戻らず、途中から自然研究路に降ります。

時計回りに自然研究路を進みます。

ほとんど登山者も居らず、静かな山行を堪能することが出来ました。


自然研究路


標高640mから、急な下り階段の道が始まります。 段数を数えて見ましょう。


指を折りながら数えてみると、なんと799段でした。  スゴイ!


下り階段


スタートから2:50で、薬王院に戻ってきました。

立派な仁王門があります。


薬王院仁王門1


どっしりとした、見事な山門です。



薬王院仁王門2


奥には三重塔もありました。


三重塔


高々3時間ほどのハイキングでしたが、静かな山行を満喫することが出来ました。

帰途、LaLaガーデンの好日山荘に寄って、雪山装備を補充してきました。

雪の便りを楽しみに待っています、冬タイヤへの履き替えも完了しました。
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR