fc2ブログ

立山・薬師岳縦走(2011.8.4-6)その2

表紙(越中沢岳と薬師岳)




4:00起床、昨夜の天気予報通りの好天です。

9時間の睡眠で、昨日の疲れも一掃、今日は始終前方に薬師岳や赤牛岳の姿を見ながら、スゴ乗越小屋を目指します。








二日目(五色ヶ原山荘→越中沢岳→スゴ乗越小屋)



2011.8.5(金)


<行程>

五色ヶ原山荘(5:25)→鳶山(5:53-5:58)→越中沢乗越(6:32)→越中沢岳(7:20-7:36)→(休憩:8:00-8:05、8:27-8:32)→スゴ乗越(9:20-9:39)→スゴ乗越小屋(10:28)


<ルート図>

スゴ乗越ルート図


部屋の窓から針ノ木岳の背後の空が赤く染まっていくのが見えました。
 
楽しい一日の始まりです。


針ノ木岳と夜明け

朝食、出来合いのものばかりで、正直(?)かな。 今朝も味噌汁は極薄でした。

食事を済ませて出発前に天気予報の最終チェックをすると、明日の天気が雨に変わっていました。
予定では今日はスゴ乗越小屋まで、明日は念願の薬師岳登頂です。折角の薬師岳が雨の中ではがっかり、ここは予定を変更して、今日のうちに足を伸ばして薬師を越えてしまおう。
5:30に出発すれば、15:00前には薬師岳山荘に到着できるだろう。
薬師岳山荘は昨年建替えたばかりで、新しいし、これもありかな。

五色ヶ原山荘の朝食

5:25出発、まずは鳶山を目指します。

山荘前の木道からは真正面に赤牛岳の立派な姿を捕らえるることが出来ます。赤牛の奥には槍や笠の特徴のある姿を見ることが出来ました。


槍と赤牛
山荘前から赤牛と槍


笠と赤牛
山荘前から赤牛と笠


朝一番なので、幾分ゆったりしたペースで鳶山へのなだらかな登山道を登って行きます。

鳶山


鳶山山頂は360度の展望が広がります。

北薬師と薬師
北薬師と薬師


左手前は次に目指すピーク、越中沢岳       奥に笠と黒部五郎
笠、黒部五郎、薬師

後続の登山者の奥には剱岳、立山がくっきり見えました。

剱と立山


雲海に浮かぶ白山
白山


笠と黒部五郎、ただただ見惚れてしまいます。

越中沢岳、笠と黒部五郎


薬師岳の雄姿、ここまで来た甲斐がありました。

薬師岳1


一旦、越中沢乗越に下ります。

越中沢乗越に下る


越中沢岳への緩やかな登り、黒部五郎のカールの中の登山道を歩いているような気分です。

越中沢岳へ

ドーン! 薬師岳、本当に大きいです!

薬師岳2


雲ひとつ無い青空が広がります。今日は五色ヶ原もベールを脱いで、そのすべてをさらしています。


立山と五色ヶ原


7:20、コースタイムより約一時間早く越中沢岳山頂に到着、この調子なら薬師岳山荘まで行けそうです。
昨日は雲に隠れていた裏銀座の稜線も、今日ははっきり見ることができます。

越中沢岳山頂と裏銀座の稜線


越中沢岳山頂からの薬師岳
山頂から薬師


越中沢岳山頂からの赤牛岳、水晶岳
山頂から赤牛と水晶岳


越中沢岳山頂からの立山と後立山の峰々
立山と後立山の山並


15分ほどまったりして、次のピークのスゴの頭に向かいます。

ここからの下りが相当いやらしく、かなり体力を消耗しました。

スゴの頭を目指して下る


スゴの頭。  登山道がくっきり見えています。  山頂は踏まず、西側の肩からスゴ乗越目指して岩稜を下ります。

スゴの頭


途中、スゴ乗越小屋の赤い屋根が見えてきました。屋根が見えてからが長く、中々到着しないので、『近そうで遠いスゴの小屋』と言われているそうです。

スゴ乗越小屋が見える


スゴ乗越への下り。

スゴの頭を下る


運良くヘリコプターによる荷揚げを見ることが出来ました。

スゴ乗越小屋荷揚げ

スゴ乗越で大休止、小屋を目指して登り返します。

左下方に赤牛岳から上ノ黒ビンガに注ぎ込む中ノタル沢をはっきり見ることができました。

赤牛岳と中ノタル沢


漸くスゴ乗越のテン場に到着、皆さん撤収済みで一張りもテンとはありませんでした。

スゴ乗越テン場


10:28、スゴ乗越小屋に到着。 ここで一服して今日のうちに薬師岳山頂を踏むつもりでしたが、越中沢岳の下り以降でかなり消耗したようで、なんだか先に進みたくなくなってしまいました。
更に悪いことに小屋前の水槽でキンキンに冷やされた「プレミアムモルツ」に目が行ってしまい、もうダメです。

本日一番の宿泊客として受付を済ませ、小屋前の水道(1.3km先の湧水を引いている)の水を頭からかぶってさっぱりしました。


スゴ乗越小屋

そうこうしている内に昨日同室だった福岡の「長老」も到着し、午前中から小屋前のテーブルで宴会が始まりました。
「長老」は御歳72,56歳のときから独学で山歩きを始められたそうで、昨年ガイド無しで一人でジャンダルムにも登られた由、武勇伝を含め楽しいお話を聞かせていただきました。

今日もプレミアムモルツを二缶、加えてホットウィスキーと、楽しく呑んでよい気分です。
そろそろ宴会もお開きという頃、ポツリポツリと雨粒が落ちだし、やがて雷も鳴り、本降りの雨となりました。
あのまま薬師岳山荘を目指していたら、今頃稜線で雷の恐怖に慄いていたかと思うと、結果論ですがプレミアムモルツの誘惑に負けたドラ吉の弱さに感謝です。

この小屋は古い小屋ですが、中々趣があり、水も豊富ですっかり気に入りました。
今日も一人一畳は確保できました。

スゴ乗越小屋内部


夕方、雨も上がり、烏帽子岳方面の展望も開けてきました。 明日の天気はどうだろう?

小屋前から烏帽子岳方面


スゴ乗越小屋の夕飯、精進揚げがカラッと揚がっていてとても美味しかったです。

スゴ乗越小屋の夕飯

20:00、系列の太郎平小屋から無線連絡が入り、明日の天気は「くもり」。

天気の回復を祈りながら眠りに落ちました。





今日の花図鑑


ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ

ミヤマママコナ
ミヤマママコナ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR