fc2ブログ

早川尾根から鳳凰三山へ(2011.7.16-18)

表紙

久し振りの「山ある記」です。

昨夏の鳳凰三山登頂の折、赤抜沢ノ頭から高嶺を目指す登山者が多いことに興味を持ちました。

また昨秋、仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳登頂に際して、向かいに聳える栗沢山やアサヨ峰が案外に立派な山容であることにビックリしました。

そこで年初に今年の登山計画を立てたとき、早川尾根から鳳凰三山へ縦走することを決めていました。

例年より早い梅雨明けで、海の日の三連休に実行することと決定、ルートについては北沢峠→夜叉神峠とするか、逆に夜叉神峠→北沢峠とするか迷いましたが、夜叉神の森駐車場まで車を入れておけば、下山後のバス便の時間を気にする必要もなく、順調なら10時には温泉に入れるので、前者のルートとしました。

このところポチは老犬の介護で家を空けることが出来ず、ドラ吉の単独行となりました。

早川尾根は入山者が少なく静かとのことですが、万が一の時には大変なことになるので、いつも以上に慎重に行動することを肝に銘じて家を出ました。




一日目(北沢峠→早川尾根小屋テン場)


2011.7.16(土)

<行程>

北沢峠(7:00)→仙水小屋(7:44-7:50)→仙水峠(8:27-8:40)→(休憩9:37-42、10:26-42)→栗沢山(11:16-11:30)→アサヨ峰(13:09-13:25)→(休憩14:20-35)→早川尾根小屋テン場(16:22)

<ルート図>

一日目ルート図


前夜自宅を21:30に出発、夜叉神の森駐車場には0:50に到着、駐車スペースには十分余裕がありました。
広河原行きのバスは5:30の発車、4:00まで仮眠をとることにしました。

4:00に目覚めて、朝食のサンドウィッチを食べていると、ジャンボタクシーが到着し始めました。
あっという間に20台近くが集結しました。林道のゲートが開くのは5:30、それまで一時間以上ここで待機するのです。運転手さんに話しかけたら、「一人?、一人なら乗せてあげるよ」と中の一台に乗せてもらうことが出来ました。

 
ジャンボタクシーの隊列

予定より10分早くゲートが開き、一斉に長い隊列で広河原を目指します。


夜叉神ゲート


広河原には5:50に到着、北沢峠行きのバス停にザックを置いて、乗車券売り場に並びます。
6:00に窓口が開いて乗車券を購入、始発は6:50なので少し足を伸ばして北岳の雄姿をカメラに収めます。
今日から三日間、飽きるほど眺めるであろうその姿ですが、やはり興奮を禁じえませんでした。

そうこうしている内に甲府や芦安からの山梨交通のバスも到着、総勢7台のコンボイです。

北沢峠行きの登山者が溢れるようになったので、予定より25分早く始発バスの運行を開始しました。

広河原からの大樺沢


6:50に北沢峠に到着、長衛荘入り口脇のポストに登山届けを投じます。

北沢峠、仙水峠、広河原峠、白鳳峠、杖立峠、夜叉神峠の六つの峠を繋ぐ山旅のスタートです。

スポーツドリンク1000cc、お茶500cc、水500cc、合計2000ccを含め19㎏のザックですが、この時はさほど負担には感じていませんでした。


北沢峠


連休初日のこの時間で北沢のテン場には結構な数のテントが張られていました、さすが人気の山域です。


北沢のテン場


北沢駒仙小屋を過ぎて北沢を渡るとすぐに、仙水峠に向かう道と栗沢山に直登する道の分岐があります。
直登ルートの方がコースタイムは短いのですが、樹林帯の急登が続き、この時期辛そうです。
峠を繋ぐという今回の山行の目的もあり、仙水峠に向かう登山道を選択します。


仙水峠へ


仙水小屋には相変わらず「予約者以外立ち入り禁止」の冷たい看板が掛かっていました。
テン場で一本立て、樹林帯を進むとやがて駒津峰南面に広がるガレ場に至ります。
いつ見ても不思議な光景が広がります。


駒津峰南面のガレ場


8:27、ほぼコースタイムで仙水峠に到着しました。 沢山の登山者が休憩を取っていました。


仙水峠


摩利支天が大きく聳えています。
多くの登山者が甲斐駒を目指して駒津峰へのルートを取る中、ドラ吉は栗沢山へ向かうべく、真南に進路を取ります。


摩利支天が大きく聳える


いきなりの急登、それも踏み跡もはっきりせず早くも不安がよぎります。
摩利支天を背に高度を上げると、意外に早く樹林帯を抜け、目指す山頂が視界に入ってきました。

それにしても大変な急登です、脚が重くペースがつかめません。
「あれ、何か変だな。」 なかなか高度が稼げません。
一月の骨折以来、やはりトレーニングが不足していたようで、脚の筋力が落ちていたようです。


これから向かう栗沢山


甲斐駒の展望台として人気の栗沢山ということですが、この日山頂までの間お会いしたのは一組のご夫婦だけでした。 
山頂直下の岩場、背中の19㎏の重さが堪えます。


山頂直下の岩場


二度の休憩を摂ったせいもあったのですが、コースタイムに遅れること一時間で待望の山頂に到着しました。
残念ながら、早くも湧いてきたガスのせいで、甲斐駒も雲に半分身を隠しています。


栗沢山山頂


それでも南西方向の仙丈ケ岳はくっきりとその姿を見せていました。


栗沢山山頂から仙丈ケ岳


小太郎尾根を真正面に捉え、北岳も見慣れたどっしりした姿ではなく、ピラミダルな尖峰に見えます。


栗沢山山頂から北岳


ハイマツに覆われた登山道を、早川尾根の最高峰、アサヨ峰(2799m)に向かいます。
進行左手、甲府盆地側からガスが湧き上がります。


これから向かうアサヨ峰


ルート上は意外に花が少なかったですが、ハクサンシャクナゲは綺麗に咲き誇っていました。


シャクナゲ


アサヨ峰の山頂かな?と思ったのですが・・・・・・・。
残念ながら前衛峰でした。


アサヨ峰ピークかな?


今年初めてのハクサンイチゲ、背中の重荷を一瞬忘れることが出来ました。


ハクサンイチゲ


ようやくアサヨ峰山頂が見えて来ました。
どっしりとした、立派な山容です。


アサマ峰ピークが見えた


山頂には数人の先客が寛いでいました。

山頂標識の奥に仙丈ケ岳がその優美な姿を晒していました。


アサヨ峰山頂


これから向かうミヨシノ頭ですが、盆地側からのガスに巻かれていました。


こらから向かうミヨシノ頭


やっとミヨシノ頭、今日は朝から何度アップ&ダウンを繰り返したことでしょう。


ミヨシノ頭直下


最後の力を振り絞って、今夜の幕営地、早川尾根小屋を目指します。
仙丈ケ岳のの励ましが心強かったです。


北岳に元気をもらう

16:22、早川尾根小屋に到着しました。

今日の行動時間は9:22、コースタイムを3:32も超過してしまいました。

この小屋は仙水小屋と同系列で、昨年までは食事を提供していましたが、今夏は素泊まりのみになっています。


早川尾根小屋


小屋下のテン場は15張り程のキャパでしょうか、この日は12張、大半が単独行者でした。

水場もすぐ近くにあり、なかなか快適なテン場です。

おでんと五目ご飯の夕食を済ませ、19:00には深い眠りにつきました。


早川尾根小屋テン場






二日目(早川尾根小屋→南御室小屋テン場)


2011.7.17(日)

<行程>

早川尾根小屋(5:10)→広河原峠(5:35―5:42)→赤薙沢ノ頭(6:47―7:07)→白鳳峠(7:20―7:25)→(休憩8:20―30)→高嶺(9:20―9:35)→(休憩10:32―42)→赤抜沢ノ頭(10:54―11:15)→(休憩11:56―12:02)→観音岳(13:10―13:25)→薬師岳(14:02―14:05)→薬師岳小屋(14:12―14:28)→南御室小屋テン場(15:28)



<ルート図>

二日目ルート図


いつもなら夜中にトイレで一度は起きるのですが、夕べは3:00に目覚めるまで一度も起きることがありませんでした。よほど疲れていたのでしょう。
今日も好天が期待できそう、稜線漫歩を満喫しましょう。

クロワッサンとカフェオレ、チーズとトマトの朝食を済ませ、5:10に今日の行動を開始しました。
小屋から樹林帯を広河原峠まで30分程緩やかに下って行きます。


早川尾根小屋から樹林帯を行く


左手雲海の奥に奥秩父の山々、朝の静かな景色に心が洗われます。


左手に雲海と奥秩父の山々

広河原峠、静かです。 一緒に小屋を出た女性2名は今日は白根御池小屋まで行くと言って、広河原を目指して下って行きました。


広河原峠


さあ、今日もアップ&ダウンの繰り返し、最初のピーク赤薙沢ノ頭を目指して急登に取り付きます。

雲海に浮かぶ八ヶ岳

赤薙沢ノ頭に向かう途中雲海に浮かぶ八ヶ岳


小太郎尾根と北岳

小太郎尾根と北岳


後ろを振り返ると、昨日歩いた早川尾根の山々と甲斐駒が朝日に美しく輝いていました。


昨日歩いた早川尾根の峰々

今日も上天気、素晴らしい景色が目を楽しませてくれます。

仙丈ケ岳のカール

仙丈ケ岳のカール


ホシガラスが一羽飛んできて、愛嬌を振り撒いてくれました。

ホシガラス


バットレスと大樺沢

バットレスと大樺沢


広河原峠から小一時間、漸く赤薙沢の頭に到着しました。山頂には先行者が一人、写真撮影に夢中の様子でした。


赤薙沢ノ頭山頂


振り返ると甲斐駒

振返ると甲斐駒


進行方向奥には奥秩父の峰々

奥秩父の峰々


これから向かう高嶺、奥に地蔵岳のオベリスク

7時を過ぎて正面から日差しを浴びるようになり、日焼け止めクリームを顔にぬります。

これから向かう高嶺、奥に地蔵岳のオベリスク


10分程降ると白鳳峠に至ります。ここからも広河原へ降ることが出来ます。

ここから330mの登り返しで高嶺です。 しばらくして白鳳峠の写真を撮り忘れたことに気がつきましたが、戻る気力はありません。ひたすら前に進むのみです。途中から傾斜は一段ときつくなり、息があがります。

オベリスクも少しずつ大きくなってきました。


遠くオベリスクを望む


コースタイムの倍の時間をかけて、やっと高嶺の山頂に立つことが出来ました。

暑さもあり、本当に苦しい登りでした。ご褒美は絶景です。


高嶺山頂


高嶺山頂から、観音岳と富士山

山頂から観音、薬師と今日初めての富士


高嶺山頂から、オベリスクの先端

赤抜沢ノ頭に向かう


高嶺山頂から、大樺沢と吊り尾根

大樺沢


いよいよ鳳凰三山に向かいます。

次のピークから振り返った高嶺

高嶺を振返る


地蔵岳

いよいよ鳳凰三山へ1


観音岳

いよいよ鳳凰三山へ2


花崗岩が風化して崩れた白砂の登山道、滑って歩きづらいです。


白砂の登山道


早川尾根小屋を出て5:45、漸く赤抜沢の頭に到着しました。沢山の登山者で賑わっていますが、強烈な日差しをさえぎるものが無く、早々に近くの岩陰に避難して行動食でエネルギー補給に努めます。


赤抜沢ノ頭


11:00を過ぎて、盆地側からのガスの上昇が激しくなり、オベリスクも見え隠れを繰り返すようになりました。

オベリスク


さあ、今日の行程の後半戦、鳳凰三山の稜線歩きの開始です。

観音岳に向かう


今回の山旅の楽しみの一つ、タカネビランジです。南アルプス固有のナデシコ科の高山植物で、山域によって花色や花弁の形に個体差があり、鳳凰三山のそれはピンクが濃いと言われています。今日始めてみる開花株で、大感激です。

タカネビランジ1


観音岳へ

観音岳がが迫る


花崗岩のモニュメントと北岳

モニュメントと北岳


歩けど歩けど山頂は遠い!

観音岳が遠い


やっと辿りついた山頂はガスの中、展望は全くありません。 山頂標識の証拠写真を収めるだけでした。

昨年はこんなに好天だったのに!  こちら

観音岳山頂


二株目のタカネビランジ、結局今回会えた開花株は二株だけでした。

タカネビランジ2


薬師岳山頂もガスの中、パスして小屋で休憩することにします。

薬師岳山頂


薬師岳山頂の奇岩群

山頂の奇岩


歩き始めて9時間、薬師岳小屋に到着です。  14:00を過ぎ、宿泊者の到着で小屋前は混雑していました。

薬師岳小屋


今夜のテン場、南御室小屋まで残り一時間の降り、何とか頑張れそうです。
無性に炭酸飲料が飲みたくなり、まさかビールと言う訳にも行かず、コーラで喉を潤します。美味しい!


ご褒美のコーラ


さあ、ラスト一時間、脚はパンパン、肩もかなり痛くなってきましたが頑張ろう!


さっきまでガスに隠れていた山頂も顔を出し、応援してくれています。

薬師岳を振返る


15:28、今日の行動時間10:18で南御室小屋に到着しました。コースタイムを4時間も超過してしまいました。


南御室小屋

南御室小屋テン場


小屋の周りにはテガタチドリやクルマユリが咲き、明るい開放的な小屋です。

テガタチドリ

クルマユリ

16:30頃、遠くで雷鳴がしていましたが、幸いなことに今日も夕立に降られることもありませんでした。

持ち上げた日本酒と小屋で調達したビールですっかり気持ちよくなってしまい、予定したスパゲティーカルボナーラは取り止め、そのまま朝まで爆睡してしまいました。





三日目(南御室小屋→夜叉神峠登山口)


2011.7.18(祝)

<行程>

南御室小屋(5:00)→苺平(5:33―5:35)→(休憩5:56―6:02)→杖立峠(6:50―7:00)→夜叉神峠小屋(7:48―8:05)→夜叉神峠登山口(8:48)


<ルート図>

三日目ルート図



2:50、近くにテントを設営した高校山岳部の元気な(?)声で目を覚まします。8時間の爆睡でした。

さすがにお腹が空いていたので、『朝カレー』を完食し、撤収にかかります。

気がつけば綺麗な朝焼けが広がっていました。

テン場の朝


5:00にテン場を出発、登山口到着9:00を目標とします。小屋を出てすぐ、今日も奥秩父の山々が素晴らしい姿を見せてくれています。


樹林越の奥秩父


苺平までは100mほど登りますが、あとは基本下る一方、温泉を楽しみにペースを上げます。

苺平を目指して

苺平


山火事跡手前でバイケイソウが咲いていました。花色が緑色だったので気になって帰宅後調べてみたらミヤマバイケイソウでした。ドラ吉にとって初見だと思います。


ミヤマバイケイソウ


山火事跡まで来ると、今日も白峰三山が3000mのスカイラインを惜しげもなく見せてくれていました。

本邦3000m峰完登の為、農鳥岳にもトライしなければ・・・・・。

山火事跡からの白峰三山


5番目の峠、杖立峠。 さあ、ラストスパート!

杖立峠


台風が近づいて天候が崩れる前兆でしょうか、富士に大きな笠雲がかかっていました。

富士と笠雲


夜叉神峠小屋にて、白峰三山の見収めです。

夜叉神峠小屋から白峰三山

やはり天気は崩れるのでしょう、おかしな雲が広がっています。

雲1

雲2


予定より若干早く、8:48に無事夜叉神峠登山口に下山することが出来ました。

二泊三日の山旅、天候に恵まれ、一度も雨具の世話になることもありませんでした。

しかし、連日のアップ&ダウンの繰り返しで、かなり疲れました。

コースタイムとの乖離も気になります。 軽量化と筋力アップの努力を続けなくては。







スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お帰りなさい

19kのザックでこのコースタイム・・・立派です・・・
三日間も凄いです。
BAKUもいつかまた早川尾根歩きたいな~~~なのです。

No title

 お疲れ様。
 すばらしい。
 ほんとうに,ヨダレを垂らしながら拝見しました。
 私にはもう無理なのだろうなー。
 最近,少し自信を無くしています。

静かな山でした

BAKUさん、つかさん、コメントありがとうございます。
天気も良く、静かな山行を堪能することが出来ました。
但し、体力的には限界に近いものがあり、色々考えさせられました。
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

kdorakichi

Author:kdorakichi
横浜生まれで現在は柏の住民です。
野球はドラゴンズ、サッカーはレイソルを熱烈に応援しています。
妻のポチと楽しく山を歩いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR